トレース〜科捜研の男〜 3話 感想|虎丸刑事がマトモになった回

 

f:id:rincoro_ht:20190107223801p:plain

 

今回は面白く見られました。

月9らしからぬ、かなり勇気のあるエピソードでしたね…。真相にはゾッとしました。

でも、今後もこのような「意外性」を得意とした重みのある話を描き続けていけば、

見応えが増す作品になると思います。

「月曜からこんな暗いの見たくない」という人も出て来てしまうでしょうが…

話自体は元々悪くない感じなので。そこは、応援して行きたいです。

 

回を増すごとに、真野(錦戸亮)の存在感、真野が真相を突き止めていく過程や

推理の描写も増えてきています。

前回ツッコんだ「科捜研の仕事で見せて!」という点も、

今回では全体的に改善されていました。

一気に科捜研のドラマらしくなりましたね。

 

そしてそして、一番良かったと思えたのが…

虎丸(船越英一郎)のキツさが減った事。

3話目で演出家が変わったのが大きいのでしょうが、

きっと視聴者の声が伝わったんだな…って事にしておきます(笑)

先輩刑事・鶴見(大地康雄)の証拠捏造に対して正論で怒るシーンには

「良いぞ良いぞ!」という気持ちになりましたし、

真野と相棒感のある並びで歩いていたのには笑いました。

そのうち、虎丸にもデレが見え始めるのかしら?

 

徐々に改良されてきましたし、虎丸もマイルドになった所で、

代わりに気になってしまったのが…劇伴の音量の大きさと挿入頻度。

ヒステリックにし過ぎですし、やっぱりガチャガチャしてますよね〜。

真野が何かに気づくシーンで毎回「ここが見せ所だぜ!」と言わんばかりに

その騒がしい劇伴が流れてくるので、ちょっとうっとおしい(汗)

主人公が大人しいから代わりに…って事なんでしょうが、

それなら主人公をもっと目立たせた方が良い!

 

まぁ、特に惜しい…と思ったのはそこだけです。

 

今回は純粋に面白く感じられたので、次回もこのまま楽しみに待ってます。

ところで…ノンナ(新木優子)が真野に言った

「ご飯行きませんか?生きてるうちに。」のセリフは、

アンナチュラルの「生きるために食べる」くだりを狙いましたよね?よね??(笑)

でも、重い展開続きの中にちょっと光が差した気がして、

それなりに印象的ではありました♪

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

  

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com