2021年春ドラマ-半径5メートル

半径5メートル 7話 感想|どん詰まりの風未香に同情

今回は内容云々より、登場人物の描写にモヤモヤしたかなぁ。 急な仕事を押し付けられて自分の仕事もままならない状態から 「しんどかった」という本音が漏れてしまった風未香(芳根京子)の気持ちも分かるし、 迷惑をかけたくなくて一人で抱え込んでしまうま…

半径5メートル 6話 感想|前後編じゃなくても良かったかなぁ…

宝子(永作博美)が二折に入るまでのきっかけ、ですね…。 ほぼ中間地点の5,6話でその話を持ってきたのは別におかしくないし、 登場人物の過去に迫るには必然的な内容だったと思うけれども… そもそも今回の記事を書く対象が10年前に事件を起こしてしまった人…

半径5メートル 5話 感想|まずは誠意を込めて謝罪すべし

こちらにも羽場裕一さん…「イチケイ」とキャラが被りますな(笑) 私が初めてお見かけしたのは「ウツボカズラの夢」の父親役でしたけど、 そこからずっと、何となく悪そう…という印象は変わらず。 心から優しそうな役を演じている所を見た事がないなぁ。 さ…

半径5メートル 4話 感想|"かもしれない"世界で育まれる親子の関係

楽しみにしていた香織(北村有起哉)の回。 やはり、今ではSNSが主流になっているだけに、 今回のテーマが最も"身近な問題に斬り込む"本作らしかったですね。 いつからスマホを持たせるか問題、Twitter、オンラインゲーム… 劇中では触れていませんが、顔出し…

半径5メートル 3話 感想|物に囲まれた人生だってアリ

「私は捨てる勇気を持つうちに、夫が必要でない事に気づき捨てました」 ゾッとする台詞から始まった今回のエピソード。 しかし、話を進めて行けば行くほど、それとは真逆の方向に進み、 ある物にまつわる思い出や感情を互いに共有する事で精神的な充足を得ら…

半径5メートル 2話 感想|モヤモヤを埋めたい気持ちは世代共通

週刊誌を発行する出版社が舞台で、 同僚が奥さんが他の男性と浮気している"証拠"を見てしまって、 それを記事にして…っていうこれらの要素は、ゲスニックな方向に転んでしまいがちですが、 まさかこの手の設定で愛の尊さに胸を打たれる話を見られるとは思い…

半径5メートル 1話 感想|あなたは何をどう見てる?

これは…面白いかも。 視聴前は同局の「今ここにある危機とぼくの好感度について」と本作で 社会的なテーマを扱っているので、 少し真面目な似通った雰囲気になってしまうのではないかと思っていたんですが、 いざ視聴してみたらきちんと棲み分けがされていて…