おじさんはカワイイものがお好き。 1話 感想|笑うとキツネ顔になる眞島さんがカワイイ

 

f:id:rincoro_ht:20200814144911p:plain

 

普段は主演のイメージがない眞島秀和さんと

ゆるカワキャラクターの組み合わせが気になっての視聴。

作品概要を読んで予想していた以上に

全体的に「トクサツガガガ」を思わせる内容になっており、

ガシャポンコーナーに狂喜するけど他の人に見られないように動く所はあの主人公だな〜とか、

鳴戸桐山漣)は北代さんで、河合(今井翼)は吉田さんかな〜とか

色々照らし合わせながら見ていました。

しかし、こちらの方は深夜ドラマという事もあり、

もっと緩く、かつホッコリとした感じで物語が進んで行きそうですね。

 

視聴前から可愛いと思っていたパグ太郎が実際に動くとますます可愛いですし、

ぽてっとしたフォルムもよく出来ています。

グッズ展開も今回のために用意したのが信じられないくらいの

本当にキ○ィランドとかで売ってそうなクオリティ。

小路(眞島秀和)による独白シーンの多さが、仕事疲れで何も考えずに楽しめる

深夜の時間帯にハマっていて、

日曜劇場仕込みの(?)桐山漣さんのぐぬぬ顔も楽しい(笑)

そして笑うとますますチベットスナギツネ顔になる眞島さんに癒されるw

 

けれども、「人の好きを大事にするのは難しい」という考えさせられる部分もしっかりあります。

個人的には、少年漫画や特撮が好きな所謂"オタク"女子という存在は

ニュース特集やバラエティなどを通して世間に知られつつある気はしていますが、

男性側はまだまだそういった点では肩身が狭い想いをしているんじゃないでしょうかね。

ましてや、周りからクールなイケメンという目で見られている小路さんなら余計に。

高校生じゃなくとも、小学生時代にからかわれた経験をしてきた人はいっぱいいそう。

繊細なテーマなので最後まで本作らしい形で伝えていって欲しいですし、

一時期ドラマ界でLGBTを取り扱う作品が増えたように、

「好きなものは好き」がテーマの作品ももっと増えていったら良いね…なんて思います。

 

普通に全10話だと思っていたので、まさかの5話構成にはびっくり。

まぁ、元々オリンピック用のスケジュールで動いていたからなのでしょう…。

今期は視聴リタイア&感想リタイアした作品がぼちぼち出てきているので、

今後の展開次第では本作の感想を書き続けようかなぁと考えています(あ、まだ未定です)。

ただし、平日深夜枠なので、上げるとしても早くて土日にはなってしまいますが。

勿論、視聴継続は決定でございます!

 

アンサング・シンデレラ 5話 感想|忘れ去られた孫の摂食障害設定

 

f:id:rincoro_ht:20200716235438p:plain

 

※今回の話を見て「泣けた!」という方は、この感想を読まない事をオススメします。

もし読む場合は、自己責任でお願いします。ではでは…

 

 

こりゃあ酷かったですなぁ。

極端な事を言うと、ゴーストライターとして新人脚本家を

雇っているんじゃないかと思うくらいの出来でした。

同枠の名作「モンテ・クリスト伯」や映画「累」の脚本を書いた

黒岩勉さんの最新作なのか疑いたくなります…。

 

個人的に一番ガッカリしたのは薬剤師達で草野球をするシーン。

字幕だと「休診日」と記されていたらしいんですが、

いくら休診日だとしても入院している患者がいる訳で、

薬を管理する人が全員休めるのかどうか疑問です。

なぜ主要メンバーを揃えて草野球をさせる必要があったのでしょう?

職務と全く関係のない事で泣かせようとするんだったら

くるみ(西野七瀬)が薬剤師しか知らない仕事を目の当たりにしたようなシーンを

もっと描いて欲しい。正直言って、時間の無駄。

延命して欲しいという相談を受けるのも、病院の食堂に掛け合ってチャーハンと餃子セットに

変えてもらうのも、ぜ〜んぶ薬剤師の仕事らしい。

 

医療ドラマはものによって「スーパードクター」を演出するために

主人公を上げて周りを下げる傾向にある事は理解していますし、

そういった作品は「ドラマだから」「フィクションだから」で割り切れば良いんでしょうけど、

本作は「ドラマだから」の範疇を優に超えている訳ですよ。

いくら漫画が原作だったとしても、現実に沿った内容にするよう臨機応変に変えていかなければ

映像化&実写化する意味がないと思いませんか?

 

今回はいつも以上に雑だと感じたのは、何名かの唐突なキャラ変にもあります。

本来だったら今回のくるみの立場に回りそうなみどり(石原さとみ)が

なぜか達観したような上司ヅラした人になる。

そして、いきなり勉強熱心キャラになったくるみに、優しくなった瀬野(田中圭)。

冒頭で「新人脚本家が…」と書いたのもここに繋がり、

今までの話を見ていない初担当の脚本家が、

内容に合わせるために登場人物のキャラを都合良く変えたんじゃないかとさえ思いました。

 

七尾(池田鉄洋)が提案した治験薬をみどりが断った理由もよく分かりません。

治験は患者や家族にとってネガティブなイメージがあるから?

そんな噂を聞いた事がないんですけど?

少しでも効果があるのなら取り入れてみた方が可能性は広がりますし、

治験薬を取り入れて、逆にそれでトラブルが起こったら

代用薬を処方して随時対応していくのが薬剤師の仕事だと思うんですが違うんでしょうか。

今回、それを拒否した段階で完全に薬剤師が主役のドラマではなくなりました。

お坊さん木下ほうかさんを呼びたくなる内容…

「医者」と「薬剤師」で全く仕事内容が違うのに

医者が主人公の作品の内容と既視感を覚えるっていうのはどうなんですかね…。

 

前回で取り上げられた孫の摂食障害の件もあっという間に解決してますし。

これこそ薬を服用して治療していく必要のある深刻な病気なのに、

適当に終わらせるのであれば、最初からこの設定を盛り込まなくても良かったと思います。

 

医者や看護師が空気な薬剤師のドラマになってしまったのは

恐らく大人の事情が大きいんでしょうね。

スポンサーの薬局への忖度とか?

めったに描かれない職業だけあって、「薬剤師をよく見せて欲しい」という

要望でも来てるのかもしれません。

でも本作は「縁の下の力持ちを目立たせる」を履き違えている感じ。

その職業の良さを前面に出すために薬剤師ありきの患者設定にしたり、

医者のイメージダウンを図ったりしているけど、

それが逆に視聴者の見たいものとはかけ離れた作りになってしまっているのが問題。

看護師の存在が描かれればもう少し改善されるはずで…

患者の事を思って、色々世話焼いたり行動したりしている心情を表したいのは

分かるんですけど、みどりの様子を見ていると

実際の薬剤師もこんなに患者にべったり向き合っているものなのかというのが

気になってしまって、物語に集中出来なくなる弊害を起こしている気がするんです。

 

元々期待していた作品なのでここまで何やかんや言いつつ見てきましたが

仕事描写に特に変化は感じられませんし、

あまりの現実味のなさにリタイアしようかと思ったんですけど、

好きな女優さん・桜井ユキさんが人質に取られてしまっている以上は(表現…w)

一応最後まで見るつもりではいます。

しかし、感想を書くのはもう止めにします。

毎回同じような内容ばかり書く事になってしまいますし、

本作の以前の感想で批判的なコメントを頂いてゲンナリした部分もあるので…。

(勿論、あの表現は確かによくも知らないで書いた私が悪かったと反省していますが…(謝))

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2 2話 感想|やっぱり期待を裏切らない野間口さん!

 

f:id:rincoro_ht:20200806233110p:plain

 

文字の神様が降りてこない鳴海(鈴木京香)。

いつもは積極的に行動に移す矢代(波瑠)が今回は鳴海を遠隔操作で指示する立場に回る。

(「よく頑張りましたね」って部下が褒めているのにはじわじわ来たけどw)

ちょっとイレギュラーな回。

こういった話は話数を重ねてからやるものだというイメージがあったので、

2話の時点でやってしまうとは意外でしたね。

 

しかし、逆パターンにしたためか、序盤で動き回る矢代、

前回と同じ分量の古賀(沢村一樹)vs桑部(山内圭哉)の捜査会議のシーンに加えて、

今までピンポイントに出番があった鳴海を前面に出す事など

描くべき内容が増えてしまい、残りの6係のメンバーが出番がなくても特に支障のないような

存在感の薄いキャラクターに仕上がってしまった気がしました。

うーん、登場人物が多過ぎるからなんでしょうかね?

草加遠藤憲一)なんて、恋…?と動揺させるだけで

申し訳程度に尺をもらっている感じでしたし(苦笑)

せめて、捜査会議のくだりをもう少しカットしていれば

10年前の事件描写にも深みが増したんじゃないかと思います。

あんなに可愛らしい野間口徹さんも珍しいしさ(最後は安定のサイコパス役だったけど)。

奥さんに対してどれだけ歪んだ愛情を抱えていたかとか、

男尊女卑する教授に対して徐々に募っていく憎しみだとか…

もっと旦那さんの内面を知りたかったかな。

 

事件捜査自体に関しては…

前回より「文書捜査」が主役の内容になっていたし、

話の半分以上は妄想で残り30分くらいは事件解明シーンをやるという

グダり構成でもなくなりましたが、

確かな証拠を得ないまま また"妄想"だけで取り調べしようとするのは、

刑事ドラマとしてはタブーなんじゃないか?と思うのでした(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com