リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜 1話 感想|人情推しで行けば何とかなる感。

 

f:id:rincoro_ht:20190722225712j:plain

 

初回2時間と知って嫌な予感はしていたけれど…ああ…的中しまくってた。

人情推しと要素を色々詰めて、何とか尺を埋めたぜ!感が満載でした。

 

銀行・企業側と主人公・村越(反町隆史)側が対立して、毎回非難轟々を浴びる構図。

そのたんびに熱く語り始める主人公。

壁にぶち当たっては、くよくよ次の案を考える主人公。

…私にはこの3つの要素がループし続けているように見えて、飽きが来てしまいました。

 

業界用語の図解は分かりやすく、最初はその点で少し好感を持って見られましたが…

肝心の再建パートは具体的な勝因も見えず、やんわり解決となると、

初回だからと力を入れて作る所の優先度を

間違えてしまったのではないかなぁ?と思います。

経済の分からない初心者向けの学習ビデオを見ている感覚。

 

今回で本作は「人情推し」で行くのは十分過ぎるほど伝わりましたが、

主人公がどれだけ弁護士として手腕があるのかの描写が今後なく、

ただの熱い男として描くならば、完走するにはちょっとしんどい。

途中で一致団結するシーンで流れた劇伴も、ベタベタで全然熱く感じられない。

おかしいな…普段は涙もろいのに全然泣けなかったわ…(汗)

 

病気で倒れる件りや「これまでのあらすじ」挿入など、尺を埋めようとして、

連ドラ初回のはずが2時間SPドラマに見えてしまったのも残念でした。

完全に裏目に出てしまいましたね。

通常放送となる次回の内容次第で、視聴継続するかどうか決めようと思います…。

 

仮面同窓会 最終回 感想|二重人格の設定、どこ行った?

 

f:id:rincoro_ht:20190603172510p:plain

 

まぁ、この枠は最終回で粗く畳み掛ける事が多いので、

その点は覚悟しながら見てましたが…これだけは言わせてくださいな。

洋輔(溝端淳平)の二重人格の設定、どこ行った!!

今回だけ見ると、安岡(永井大)が彼の二重人格を

操っているかのように見えました(笑)

心療内科で徐々に回復したと捉えれば良いのかしら。

 

事件の概要が兄による復讐心から始まったのが分かったため、

あらかじめ、内容がどうなるかは予想はついてましたが、

所謂 弁護士モノ、加害者家族モノでよく見かける「罪を償う事が大切」などの

若干ありきたりなオチでまとまってしまったのも、ちょっと残念。

洋輔に好意を寄せていた美郷(瀧本美織)が目を覚まして攻撃しない件りも

「やっぱり」という感じではありました。

 

結局、喜一(佐野岳)も、途中まで美郷と同じくらい大事に想われていたであろう

八真人(廣瀬智紀)も、どうなったかは語られないまま、

洋輔と美郷が20年後も今の関係でいられますように…という二人だけの未来の兆しを

匂わせるエンドで。

せめてラストシーンで、洋輔がニヤッと笑ってみせるなどの意味深な余韻を

残してみせたら良かったのに…とは思いますが、

まぁ、最終回での感想はここまでにしましょう。

 

あまり事前情報のないまま本作を見始めたので、2話以降は、

樫村(渡辺裕之)の遺体放棄によって人生が狂わされる4人の心情を描く

心理サスペンスになるんじゃないか?と考えていた時もありましたが。

話を重ねて行くごとに本格的なミステリーとなり、予想は良い意味で裏切られ、

ED映像のからくりも含めて、次々と現れる謎が今の事件とどう関係しているのか?と

考察する楽しさを与えてくれるドラマだったと思っています。

 

また、少々風呂敷を畳み切れていない点は勿体なかったですが、

久しぶりに拝見した溝端淳平さんの怪演と、瀧本美織さんの美しい魔性の女っぷりを

堪能出来たのも、最後まで見てきて良かったと感じられる収穫の一つ。

ED映像もPVかと思わせるクオリティで、

OP映像で流れる劇伴には自然とワクワクさせられていました。

 

この枠に相応しいような、緊張感のあるホラーなドラマが

再び現れる事をお待ちしています。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓今までの感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

ボイス 110緊急指令室 2話 感想|どう見ても伊勢谷さんにしか見えない!

 

f:id:rincoro_ht:20190714000946p:plain

 

今回は(冒頭以外に)誰かを助けに行く展開はなく、

主に樋口(唐沢寿明)と橘(真木よう子)の過去と共通点が語られ、

今はどんな状況にいるのか…をECU設立を絡めて提示したお話でした。

 

ちなみに、危機に陥っていた萩原(吉川愛)の件が解決するまでの尺は、12分程。

前回で、なぜ1話で収めなかったのかという惜しい点を書きましたが、

2話も1時間使って主要人物の説明をするくらいなら…

いっその事、初回15分どころか、2時間SPで潔く

まとめてしまった方が良かったんじゃないかなぁ?

って気がします。

 

本来1話でやるべきであろう人物説明と状況説明を2話まで、となると、

若干ダラダラ進んでる印象を受けます。

1話でコンビを結成し、2話から今回出てきた新たな女性を助けるように、

橘は音を聞き、それを樋口に伝えて今度は彼がアクションを起こす…という

連携プレイを早く見てみたい気持ちに駆られました。

まぁ、次回からその活動が本格的になるのなら良いですが…

 

警察が単独行動で、そんなに人数いらんやろ!って時に人がゾロゾロいたりと

相変わらずツッコミたくなる所もあります。

そこは「こういう世界なのだ」と言い聞かせるしかないのんか…だけれども。

とりあえず、増田貴久さんの口を開けば「兄貴」呼びキャラと

(あんまり言いたくないけど)真木さんのもたついた滑舌は

今からでもまだ改善は出来るんじゃないかと思ってます(笑)

 

とはいえ、引き込まれる力は健在なので、最後までホラー感たっぷりの作りが

ヒヨらないと良いなぁと、応援したくなるのには変わりありません。

コメディから、ちょっとかしこまった風だけど…何か残念、まで色々な作品を

送り出してきた土10枠で、唯一シリアスで、唯一凄く期待出来そうな作品が生まれた

嬉しさをこのまま噛み締めて行きたいです。

 

で、今回明かされた黒フードの男の正体に関しては…

最終回まで引っ張るんでしょうね。

でもね、どう見ても伊勢谷友介さんにしか見えないよ!!

先週も口の形がそうかなぁとは予想してたけど、声を聞いてちょっと確信に変わりました。

去年のこの時期に「サバイバル・ウェディング」に出てらしたし、

再び日テレのドラマにゲスト起用されてもおかしくない。←なんじゃその理由

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com