アライブ がん専門医のカルテ 7話 感想|現実から目を背けてしまう人間のズルさ

 

f:id:rincoro_ht:20200109232232p:plain

 

今回は、引きこもりの息子を持つ武井(平田満)のエピソードと

縦軸部分である須藤(田辺誠一)のエピソードを並行して描いていく作り。

後者は今まで散々引っ張ってきたから、須藤が怪しげに動いてきた割には

あっさりと自分の犯した罪を認めてしまうんだなぁ…という驚きはあったけれど、

前者の患者も含めて「現実から目を背けていた人々の"覚悟"」を

二者の視点で描く話として考えれば、腑に落ちる内容でした。

 

医療過誤を利用してドラマチックな展開にするならば、

長年のキャリアと技術に自信のある医師が、

さらに上を目指そうと教授選に立候補し、そのために隠蔽工作を図る…

なんて流れもあり得るかもしれませんが。(あるいは、裁判で大々的に取り上げるか。)

あくまでも"手段"としてではなく、"自身が変わるためのきっかけ"として

医療過誤を扱う所が本作らしいし、医療ドラマではかなり新鮮さがありました。

 

以前見たとあるドラマで「みんなちょっとずつ良い人で、ちょっとずつ悪い人なんだ」

という台詞が印象に残っているのですが、この台詞と同じで、

根っからの悪人ってそうそういないと思うんですね。

須藤先生はいつまでも自分の腕に自信を持ちたがっていたし、

武井さんの息子は就活の苦しさから現実逃避をして、周りの事は見ないフリをしていた。

それを、ただ悪い人として描くのではなく、人間のズルさ、不器用さ、

中々上手く行かない理不尽な世の中…というのを絡めて

登場人物の心情を映し出そうとしているのがよく伝わります。

 

演出面では、最初はバックショットから始まり、光で顔を見えづらくさせたり、

正面からの撮影ではピントをぼかしたりなどして、

「何か一歩踏み出せない悩み(闇)を抱えているのかもしれない」と

息子に対して思わせておいて。

CM明けになって、保険証を出すという行為でようやく顔がくっきり見えた事、

震える手を映した事で、「変化」が感じ取れる工夫が施されていたのも良かったです。

 

また縦軸の話に戻りますが、須藤が恩田家に謝罪しに行き、

これからも医師を続ける目的を見つけたという事は…

関河(三浦翔平)の立場はどうなるのでしょうかね。

薫(木村佳乃)の医療過誤の事件を追っていた理由は判明したものの、

強いて言うなら、彼の扱い方はあんまり上手くなかったような気がします。

自分の親も医療過誤で殺されたとか、もっと復讐心を抱えているのかと思っていたので…

この件のためだけに作られたキャラクターという感じがして、

関河から背景が感じ取れなかったのは少し勿体なかったかも?

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

 

 

 

知らなくていいコト 7話 感想|因果応報の2人…からの野中の逆襲

  

f:id:rincoro_ht:20200108231056p:plain

 

野中(重岡大毅)の言動を見る度、重岡くんはジャニーズなのに

よくこんなにも周りから反感買われる役を引き受けたなぁって、つくづく思いますね。

帰りたくても帰れない接待に付き合わなきゃならないのは

ちょっと気の毒だったけれど、それを一気に忘れさせる最後のクズっぷり。

「尾高さんとケイトさんの不倫がバレたら…もっともっと大変な事になりますからぁぁ」

の言い方が憎たらし過ぎて堪らなかったわ〜〜!!←良い意味で。

よくよく考えたら、視聴者をイラッとさせる男性が多い気がする今期(笑)

 

前回の感想で、ケイト(吉高由里子)を刺しに来た犯人を

乃十阿の事件の被害者家族だと予想したのも、

次回予告で野中がケイトの正体をバラすシーンがあったから、

流れを考えればその関係者が来るんじゃないかと思っていたんですが、

普通に前回の不倫ネタを売った奥さんだったとは。

じゃあ何でバラしたい気持ちに駆られたのか?と疑問でしたけど、

その動機がねぇ…尾高(柄本佑)が庇った、自分は動けなかったからっていう

単なる逆恨みから来ていたのが幼稚で…(苦笑)

 

個人的には、役者に対するイメージって出演されていたドラマの役で決まってきて、

良い役だったら好きになってしまうし、逆に悪い役だったら苦手になってしまうっていうのが

一定期間続くんですけど、

重岡くんに関しては「これは経費で落ちません!」で今からお口直ししても、

暫く"野中"のイメージは頭から離れられないかもしれませんなぁ。

次回予告で尾高に殴られるシーン、もっとやっちまえ!って応援しちゃったしw

 

今回はいつも以上に福西(渕野右登)の出番が多い印象でしたが、

周りに敏感であるが故に徐々に闇堕ちしていく野中と、

逆に周りを気にせずマイペースに進む彼とで

若者同士で対比の構図を図ろうとしていたのではないかなぁと思います。

佐藤(森田甘路)にマスクを2回はがされた時の表情が、アドリブだったのか、

微かにフフッと笑っていたのが面白かったです。

ケイトが刺されるのはいつか…とハラハラさせられる中で、

緩衝材の役割を見事に担ってましたね。

 

乃十阿の方は全く進展なし。

次回も不倫のドロドロ展開が続いていくのでしょうか?

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

僕はどこから 6話 感想|ガッツリと"第2章モード"に入る展開。

 

f:id:rincoro_ht:20200110200859p:plain

 

いつも冒頭にあった薫(中島裕翔)と智美(間宮祥太朗)の学生時代の回想がなくなり、

前回のあらすじへと差し替えられたのを見て、

「物語が"第2章"にいよいよ突入しようとしているのだな」という感じが伺えました。

出会いのきっかけ、当時の関係性…といった初期設定を大幅に排除した分、

二人の間にしかない、警察の持つ正義感や反社会勢力の仁義以上に揺るぎない

「友情」「絆」がより明確化されたような気がします。

 

会長(若林豪)の思惑、山田(高橋努)の企み、駿(岡崎体育)の気味悪さ、

井上(笠松将)の危うさなど、それぞれの人物の動きをチラつかせて

視聴者に興味を持たせる手法は初回の作りと似てはいるものの。

ここまでで、薫と智美が過ごした青春の日々というバックボーンが

十分に伝わる内容になっており、

また、警察に連行されてしまう危機を、連携プレイで乗り越えてみせた

熱い前回からの今回…という流れでもあるので、

今度こそ、水面下で動く強力な支配者の手によって

二人の友情が壊されてしまうのではないか?と、今後の行方にハラハラしてなりません。

 

実母は暴力を振るう実父から、兄妹を守る事が出来なかった。

そこで、血の繋がりは何の足しにもならないと思い知る。

誰にも頼らない。だから自分が強くならなければならない…という

智美の少年時代も印象的で。

そんな「はじめに力ありき」が必須の環境の下で過ごしてきた智美と、

人を疑う事をまるで知らないような、純粋で素直な心の持ち主である薫が、

千佳(上白石萌歌)の救出を通して、初めて正反対な二人が出会えた事が

改めて素敵だなぁとも思える話でもありました。

 

漢字の間違い探しゲームのくだりも、その事について話している最中に

学生の頃の二人の面影が現れていたように感じられて、中々好きです。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com