35歳の少女 7話 感想|ハッピーエンドにはならなそうな気がする…

 

f:id:rincoro_ht:20201011005907p:plain

 

目まぐるしい展開が続くなぁ。

「一番不安で、一番幸せ」「あたしにはこの人がいる」

5話になってから結人(坂口健太郎)との

幸せそうな望美(柴咲コウ)のエピソードが描かれてきただけに、

一人で生きて行くと決意するラストには急展開過ぎて驚いてしまいましたよ。

この速さはなんというか…"理想の人生"を追い求めるあまり

最後は死ぬんじゃないかなって。

そりゃあ人間皆、行き着く先は死なんですけども。

でも、望美の場合は急成長した結果、死が早まりそうで…

バッドエンドな最終回になるのかもしれないと強く感じさせられた内容でした。

 

彼女にとって唯一の"憩いの時間"となっていたのは

やはり当時残したカセットテープを聴く時間で、

今回、それがとうとう奪われてしまった。

思い出の記録を失った事で、ずっと聞けないでいた仲直りの秘訣を

多恵(鈴木保奈美)にはっきり聞いてみるのだけれども、

「そんなの覚えてない」と切り捨てられ、

そこで、過去を大切にしながら生きているのは自分だけなのだという"孤独"に気づかされる。

この2つが、最後の決意に至ったきっかけ…なんでしょうね。

 

夢オチで終わらせるのは投げやりのように感じて、基本的に好きではないんですけどね。

本作の場合は最悪それでも良いから、

ちょっとでも幸せな状態で終わって欲しいと願ってしまいます。

目を開けると天井と家族の顔が映って…なんていう

「もしかしたら」と視聴者の想像に委ねる

最終回で締めるのもアリなのかも。←勝手に妄想してみる

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

ルパンの娘(2020) 7話 感想|歌って踊る環奈ちゃんが可愛いんえ〜♪

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

物語がクライマックスに突入しているからなのか、

今回は全体的にえらいシリアスでしたなぁ。

でも、(特に前半に)クスッと笑える部分もあるので、物語の結末がどうなるのか気になりつつ

ワクワクしながら見られるんですけどね。

 

「とっとと引っ込んでてよ!」「バカなの?」

いつも以上に毒っ気のある華(深田恭子)のツッコミも楽しいし、

うっかり和くん(瀬戸康史)…じゃなくて

うっかり円城寺(大貫勇輔)も中々癒しキャラだ。

 

で、あのミュージカルには魔力がある事を初めて知りましたよ(笑)

…まぁ、確かに、回を重ねるにつれて役者さんをほぼ強制的に参加させているもんなぁw

そこに今回は橋本環奈さんが参戦。可愛かったえ〜〜♪

アイドル出身だからかダンスが上手いなぁと思いながら見ているんですが、

手をふりふりさせるなどの女の子っぽい振り付けが加わる事によって

環奈さんの持ち前の可愛らしさが更に活かされていたミュージカルだった気がします。

もう私情で動かないで、ずっと踊っていたら良いのに…

手錠をはめて動きを制限させていなければ、

和馬にあんな災難が起こらずに済んだでしょうにね。

 

これは前から思っていたのですが、

北条"美雲"と"三雲"華で"みくも"が共通しているのには

何か因縁の繋がりがあるからなのか?も気になります。

そしていきなり登場してきたナターシャ(太田莉菜)がLの一族を探している理由は…

北条家の火災事件と絡んでいたりして。

巌(麿赤児)も全然現れないし、事件の真相も未だに謎のヴェールに包まれたまま。

美雲の詮索を止めさせるためには、そこを突き止めて

「Lの一族は敵ではない」という事をはっきり分からせるしかないんですけどねぇ。

 

まだまだ伏線が残っている状態で、残り2話をどうやって描き切るのか…

そのヒントはもしかしたら、まるで天国からの使者(?)みたいな

次回予告での円城寺の姿に隠れされていたりして(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

 

この恋あたためますか 6話 感想|スマホがあってもすれ違いが起きる時代

 

f:id:rincoro_ht:20201020234138p:plain

 

あの〜…ココエブリィに社長・経営者研修はないんでしょうかね。

浅羽(中村倫也)が社長に任命されて何ヶ月か?経ってから

「いつもそこにある日常だからこそ大切にしなければならない」と気づいたようでしたけど…

そういう方針って最初にコンビニ見学する段階で

マニュアルを通して学んでいくもんじゃないのかと思うんですよ(笑)

つまり、何も知らない状態で改革に手を出していたって事になる訳でさ。

一方的な辞めさせられ方でしたが…勝手に噂が広がってしまうのも仕方ないのかなと

妙に納得させられてしまいました。

 

そして、社長の座を降りた浅羽がアルバイト店員になる形で心機一転してからは、

まるで人間の姿になって"初めて"を覚えていくような

ポンコツカワイイキャラとして描かれる流れに。

「社長なのに制服が似合わない」というドンピシャな言葉を突かれたり、

店長・上杉(飯塚悟史)達にいじられたり…と、

いつものクールな感じとは違う浅羽が見られたので、これはこれで楽しい。

しかしまぁ…何が個人的に"ポンコツポイント"だったかって、

「街を移動するコンビニ」の発想をしちゃう所でしょ(笑)

私が学生の時にはよく出て来るようなアイデア過ぎて。

いや、コープがあるやん?

なんなら、「遠くまで足を運べないお客さん」をターゲットにするんだったら

ネットスーパーたる便利なものがあるやん??

でも、あまりにも真剣な表情で話すもんだから、

そのシーンではうんうんと乗っかるしかなくて…w

本当に知らない事だらけなんだなぁってちょっと思っちゃいました。

 

回を増すごとにラブコメ色強めな話になってきている本作ですが、

今回のキーアイテムは「スマホ」ですかね。

スマホというハイテク通信機器があっても、"すれ違い"は作れる。

90年代の某恋愛ドラマだと、手軽な通信機器がない事で

"すれ違い"が生まれる面白さを描いた作品がありましたし、

最先端になった今、それだけで成立させるのは時代的に無理だと

言われてきたもんですけどねぇ…

確かに、連絡がとれる機会はいつでもあるはずなのに返信が全くない…

っていうほど不安になる事はない。

仕事で忙しいのなら分かるけれど、今回の場合は完全に旅行気分の写真ですからね。

 

ただ、それ以上に気になる部分を最後に書くとするなら…

北川(石橋静河)を新谷(仲野太賀)と同じようなポジションに回し、

安易に"不憫キャラ"にして、視聴者に同情させようとしている描き方にありますかねぇ。

北川が浅羽のアルバイト先に来た時、

(あの場所に行くよう言ったのは恐らく樹木(森七菜)だろうから)

樹木が彼をアルバイトとして雇わせたと知った時、

どういう感情が働いたのかを、台詞や演出で知りたかったです。

 

ある時は新商品対決で切磋琢磨する関係、ある時は浅羽にお互いが想いを寄せている関係…で

公私ともに"ライバル"であるはずなんですが、

なぜそこを、三角関係である事を強調せずに

「樹木が浅羽の反応に一喜一憂しながら好意を寄せている」所だけをダラダラと描くのか…。

以前にも「なぜ好きになったのかがよく分からない」といった旨の感想を書きましたが、

各登場人物に明確な"感情"が見えてこない描き分けが

ブコメにおいては一番致命傷なのかな?という気がしています。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

あ!ちなみに、ここでご連絡を。(後でプロフィールの方にも書きますが)

前時間の「姉ちゃんの恋人」は、仕事が多忙で視聴が間に合いませんでしたん(泣)

じっくり見たい作品ですし、金曜は有給をいただいたので

まだ書けていない「35歳の少女」「極主夫道」も合わせて

木曜深夜〜日曜のうちに書けたら…と思っています♪