*2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度*
9/25:2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度 の記事をUPしました。
「正義の天秤」初回までに間に合ったー!

集団左遷!! 2話 辛口感想|「頑張る」って言葉を聞き過ぎてしんどい

 

f:id:rincoro_ht:20190421234656p:plain

 

「頑張らせていただきます」「頑張ってみるから!」「我々は頑張るで良いですよね」

「あいつ頑張ってんなぁ…」「やっぱり頑張ろうって良いよなー」………

片岡(福山雅治)が「頑張る(頑張れ)」と言った回数は16回。

………なんか、クドイっす。

 

「頑張る」って言葉を使っておけば、サラリーマンが胸を熱くさせて共感して

見てくれるんだろうな〜って安易な考えが目立った回でした。

別に言っちゃダメとは言ってないんですけどね。

主人公に具体的な策や案が何もないまま、ただ口だけ出任せみたいになってるから

面白く感じられないんですよね。

そんなんじゃ、万が一失敗したら信頼されなくなりますよ?って言いたい(苦笑)

 

1つの土地を開拓して事業を成功させようという内容自体は、描き方次第で

興味深く見られそうな気はするんですがー…

全体的にただただ片岡が1人で突っ走ってるだけ、みたいな、そんな感じでした。

要は「働くサラリーマン"達"」の動きが見えてこないんです。

大体、銀行内に30人くらいいるのにみ〜んな反対派で、終盤まで片岡の考えに

賛同してくれる部下がいないって、不自然じゃないかなぁと思っちゃいました。

1話で対面して悩みを打ち明けるシーンがあったのだから、その時点で1人くらい

心境が変わった人がいてもおかしくないのに…

 

そして、公式サイトの「窮地に立たされた銀行員たちが巨大組織の理不尽に立ち向かう」

という謳い文句の通り、

主人公を走らせてばかりじゃなく、部下が困難を乗り越えたり夢を掲げたり…などの

「チーム」としての描写ももっと盛り込んだ方が良いと思いました。

1人だけが頑張りを見せたって正直面白くありません。部下がいる意味がないから。

個人的には、三嶋食品の契約が上手くいったエピソードや、

(早送りにされた)営業しに行く社員達のエピソードをもう少し見たかった…

そんな印象でした。

 

演出や演技は抑えめだったものの、主人公を強調させるのが原因で

どうも話が間延びしているのが…

通常放送の次回で視聴継続するかどうか決めますね。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

  

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com