サギデカ 最終回 感想|「信じる事」は弱みにもなるが、励みにもなる

 

f:id:rincoro_ht:20190831231404p:plain

 

1話と2話は「かけ子vs警察」の構図がメインの1話完結の作りとなっていて、

詐欺グループの実態、被害者が詐欺に遭うまでの過程をじっくりと描き上げる

ある種の啓蒙ドラマのような印象を受けたものの。

3話からは、今宮(木村文乃)の過去パートの挿入、

廻谷(青木崇高)と首魁(田中泯)、店長(玉置玲央)の繋がり、

そして加地(高杉真宙)の犯行動機が

1話の「ピンポイントで狙え」を伏線の形で回収する…といった

様々な見所が盛り込まれた事によって、

「ドキュメンタリー>ドラマ」ではなく

「ドラマ」として見応えのある作品に仕上がっていたと思います。

最終回はちょっと駆け足だった気がしなくもないですが、それでも満足の行く1時間。

 

本作は「どんな理由があろうと詐欺行為は"悪"」「詐欺師には心がない」は勿論、

今宮を通して「「こうあって欲しい」と信じる事は自身にとって大きな弱みとなる」

という事を一切ブレなく描き続けてきました。

 

警察だって、職業がただ警察なだけで、何かに希望を見出したいとする気持ちを抱える

一人の人間であるのには変わらない。

それを踏まえると、タイトルが「サギデカ」の理由は恐らく、

今宮が幼い頃に知らず知らずのうちに詐欺に加担していたから「サギ(をしていた)デカ」

というのも含まれますが。

一方で、良い人に見えるから大丈夫だろうと信じていて、でもある日突然裏切られて、

それでもどこかでまた信じていて…といった、

心の底から諦めきれない実際の詐欺被害者の目線を重ねて「サギ(に遭った)デカ」

だというのも表現したくて、

ダブルミーニングの意味合いでそのタイトルにしたのかもしれません。

 

現実の世界なら、多分そう簡単には更生しないだろうし、

詐欺を扱うドラマなら、廻谷が実は詐欺に関わっていたように

またどこかで起きていて、完全には無くならないよ…という

後味の悪い不甲斐ないラストにする事も出来たでしょうけども。

今まで「裏切られてきた」今宮の姿を描いてきた分、

今宮は加地に救われ、逆に加地は今宮の直向きさに救われる…とした

両者にとって希望の光が見える爽やかなラストとなっていたのが良かったです。

彼女の立場になって見ていた私自身も、不思議と心が救われるシーンでした。

 

また、警察が今期一番有能である事、

淡々と言っていても深く刻まれていく程

手塚(遠藤憲一)や森安(眞島秀和)の言葉選びが秀逸であった事など、

本作の魅力はいくつもありましたが、

主演の木村文乃さんに関しては、最近の作品の中で

特に名演技をされていたのではないかなぁと。

警察として強い女性でありながらも、時に繊細な弱さを滲ませる表情には

いつも見入ってしまいました。

廻谷との取り調べも、加地との事があったから泣かずに向き合える…のが伝わる

真っ直ぐな目線が印象にも残ります。

 

詐欺の悲惨さを伝えるだけでなく、今宮の成長物語としても

最後まで興味深く見られた作品でした。

やはり、NHKのドラマは良いですね。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓今までの感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com