*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

グッドワイフ 3話 感想|全ては1人の男の手のひらで転がされていた

 

f:id:rincoro_ht:20190114180708p:plain

 

あぁ、これは、面白かった…!

個人的には2話までの時点で、あんまり絶賛する程ではないかな?と思っていたんですが、

今回に関しては、点と点が繋がるような伏線の張り方も、旦那の件との絡め方も、

役者同士の対峙シーンも、どれもよく練られていた印象です。

 

今までは「壮一郎のスキャンダル」と「携わる案件」が同時進行で描かれてて、

かつ双方全く関係性もないまま進められてたので、そこにずっと疑問を持っていたのですが…

今回のように、前者を物語に深みを増す「層」的な役割で絡め続けて行くのであれば、

今後も俄然興味深く見られそうです。

 

案件自体は相変わらず、安定した面白さ。

会社員・小川(山本裕子)の怪しい動きを適度に挿入して

「何者なんだ?」と視聴者に興味を抱かせつつ、

1つの証拠をきっかけに、過剰労働ではなくブレーキの故障が原因だったと気づかせて

謎が全て解き明かされた時の爽快感ったら!

 

それだけでも十分見応えはあったのですが、

今までの事柄が林弁護士(博多華丸)、いや、壮一郎(唐沢寿明)の仕掛けによる

ものだったのには本当に驚きました。

杏子(常盤貴子)がそれに気づいた時の主題歌の入りもまた格別で、

一気に「そういう事だったのか…!」と大きなカタルシスを味わえた気分です。

 

今回の壮一郎の件で、杏子の妻としての彼への信頼が揺らぎそうな描写が

今後増えてきそうな気がします。

序盤の面会シーンで夫婦間の絆を再確認した後で…の事なので、

そういった点でも驚きの結末。

壮一郎の持つ陰謀・権力に利用されていた訳ですからね。

弁護士としての仕事にプライベートな感情が入り込んでくるゾワゾワ感…

本筋以外のエピソードもグッと楽しみになってきました。

 

主人公は元々凛としていて、芯の強い女性だという魅力が感じられるのですが、

それを更に引き立たせる河合(江口のりこ)との対峙シーンも見所抜群。

強さと強さがぶつかる会話劇は見ててワクワクしますし、

思わず「良いぞ良いぞ!」と主人公を応援したくなってしまいます。

江口のりこさんも、曲者な人物を演じさせたらピカイチですね。

(ギャフンとした表情は見たかったけどw)

 

回を増すごとに良く作られてるとは思ってましたが、今回で確信しました。

弁護士モノ3本の中では、これが一番面白い!

(木10も土10も、応援の眼差しで見てはいます。面白くなると良いなぁ…と。)

 

そして、基本的には逆転劇で見せる構造で、

日曜劇場の最近の作品に通ずる部分はあるんですが、

顔芸アップやエビデ〜タイムがないとこんなにも見やすいか…と思える有り難さも

ひしひしと感じます(笑)

↑ぃゃ、あれはあれで魅力的なのよ。ただ放送頻度が多すぎて飽きただけ\(^o^)/

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com