*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
12/3:SUPER RICH 8話 の感想記事をUPしました。

みかづき 4話 感想|やっぱり吾郎の存在は大きい。

 

f:id:rincoro_ht:20190127174722j:plain

 

「こんなはずではなかった」

「ただ家族を支えたくて、塾を生き残らせようと頑張ってきただけなのに」

大切な人を失い、家庭も崩壊しかけ、塾業界の競争に追われる日々を過ごす

千明(永作博美)の現状への後悔、苦悩が前半でぎっしり描かれ続けた後での

吾郎(高橋一生)の登場には、心から嬉しい気持ちになりました…

 

思いが通じ合った運命の人だったんだと改めて思わせる

「待ってるに違いない」と千明の心を見通してくれる吾郎の言葉。

ファンタジーで可愛らしい劇伴の入り。

嬉し涙を見せて今の大変さを焦って話し出す千明の様子。

役者の演技、演出、脚本のどれにおいても「希望の兆し」「原点への回帰」が

ひしひしと感じられるようなこのシーンには、思わず私ももらい泣きです。

やっぱり、この夫婦には話し合いの機会が足りなかったんですよね。

 

吾郎の存在は大きいと思わせる所は他にもあって、

落ちこぼれ状態の子供にオレンジジュースを差し出し

それをきっかけに授業を始めるシーンも印象的でありました。

子供を「いつもああだから」で放っておく講師陣の様子、

塾長の考えに憧れて入ったんだと強く訴える一人の講師の想いを

前半で描いたのが大きかったのでしょう。

その分「吾郎は必要だ」というのが浮き彫りになる結果に。

 

次回で最終回…あっという間です。早いですね。

千明が「私立の学校を建てる!」と言い出した所で今回は終わった訳ですが、

どうやって結末までを描いていくのか気になります。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com