*2022年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度*
1/16:逃亡医F 1話 の感想記事をUPしました。

同期のサクラ 9話 感想|頑張れを強要する事と応援する事は同じではありません。

 

f:id:rincoro_ht:20191009235520p:plain

 

※今回も今回とて、ネガティブ寄りの感想になっている事をお許しください…(謝)

 

「同期」って立場、自由に使えて良いよねぇ。

家族でも友達でもない、同期。

家族じゃないから1年以上ほったらかしても何も罪悪感ないし、

友達じゃないから自分の事を、病み上がりでリハビリ中の相手に対して

ガンガン言ったって良い。

自分たちはサクラ(高畑充希)の想いを成長の糧にしては一人で何とか出来るほど

大人になっていく癖して、サクラには「昔のままでいて」を押し付ける。

 

もう親友じゃなくなるよって…何?

焦らせてるのは…誰?

終盤で、サクラを逃さないようにと集団で囲って叱咤激励するシーン。

正直言って、地獄絵図でしかなかったわ。

下手したらまた鬱になりそうなものを、サクラはその言葉を受けて立ち直り、

「さくら」を流して感動っぽく見せるのにはもっと鳥肌が立ったわ。

 

メガネが割れたままずっと入院させて、

故郷の人達はサクラの現状を知らない様子だから、

きっと報告の電話もしなかったんでしょう。

思いやりがなければ、常識もない。

みんな「当時のサクラ」を離したくなければ、身近に置いておきたい。

その象徴は、昔と同じメガネを買った所にある。

同期達って、こんなに束縛強い人達でしたっけ?

 

サクラを窮地に立たせる描き方もなぁ…

一人で決めて準備した事なのは分かるけどさ、

本人の前で「吹っ切れた」とか電話で「就職先決まった?」とか、可哀想過ぎますよ。

バイト先だって辛い目に遭わせなくても良いのに。

まずは失業保険でしばらく暮らさせてあげてよ。本当、誰のための福利厚生?

 

同期達も自分勝手だけど、黒川(椎名桔平)も自分勝手。

起爆剤」と期待していたんだから、会社に戻るか?とか、

就活している最中に声かけてくれって話。

 

ああ〜…ホラー映画以外で初めてゾッとしてしまうほど

恐ろしい1時間でしたわ。

サクラが立ち直るのも、主題歌も何も響かん。

最終回も彼女を虐め倒すんでしょうね…。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com