*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

緊急取調室(2019) 3話 感想|「お金は怖い」の重み

 

f:id:rincoro_ht:20190412141215p:plain

 

お金は怖い。

お金は時に危害を加える武器にもなってしまう。

直接的にも、間接的にも…双方の意味がかかっていた回でした。

と同時に「何かに囚われる事は恐ろしい」教訓も含まれてましたね。

  

宝城(筧美和子)のゴーストトレーダーだったかすみ(仙道敦子)は、

借金が原因となった父の自殺の件があり、邪魔に思ってた母を老人ホームに置いて

「取っても生活に困らない裕福な人」からお金を騙し取っていた…こんな流れ。

お金に恨みがあった。恨んだ事によって自然と復讐心が生まれていた。

復讐心が生まれたら、詐欺行為が生きがいに変わった。

裏の凄腕デイトレーダーだったとしても、何かに囚われて人生の道を踏み外す点では

一人の人間と変わりなかったという皮肉めいたオチでした。

 

かすみが殺人犯ではなく、違う人が真犯人だった。でも、詐欺罪という罪は犯した。

門倉の怪しげな存在はもう少し早めにチラつかせた方が

もっと推理出来る面白さは膨らんだとは思いますが、

「ここに来て、まさか犯人が別にいるとは!」という意外性は感じられました。

詐欺罪は詐欺罪でしっかり追及する所もプロ集団のキントリチームらしい。

 

終盤で、かすみの母が真壁(天海祐希)の手を取って話した内容を

かすみに伝えるシーンがありましたが、

よくある親子感動ものに落とし込まなかったのも良かったです。

 

「よくあるネタにしない」と言えば、新キャラの玉垣塚地武雅)が

すっかりチームに馴染んでいるのも挙げられますね。

新キャラが投入されると、大体の作品って中々その存在に馴染めない事が多かったり、

「新キャラを押し出さないで主人公側の動きを見せて欲しい」なんて願望が出てくる事が

多かったりするもんですが、前に出過ぎず、けど特性はさり気なく見せるバランスが

本作ではとれています。

3話にして新キャラが頼もしいと思えるのって、珍しい事です。個人的には。

 

前回では若干物足りなく感じた演技面では、仙道敦子さんから只者ではない雰囲気が

醸し出されていて、最後までどうなるのかとゾクゾクさせられました。

目元かな?なんか、鶴田真由さんに似てませんでした?

鶴田さん演じたシーズン2のネイリストの回も、曲者っぷりが面白かったっけなぁ…と

思い出しながら見てもいましたね。

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com