*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

モトカレマニア 7話 感想|修学旅行じゃないんだからさ〜

 

f:id:rincoro_ht:20191017234631p:plain

 

あの〜、忘れててすいません。

人の恋愛にやたら茶々入れる若者…誰?

公式サイトの相関図を見に行っても載っていない。本当、誰??

あんな人、ユリカ(新木優子)の会社にいたっけか。

元サヤ元サヤ!とか、紛らわす答え〜〜どうなんだいっ!とか、

むぎ(田中みな実)と山下(浜野謙太)の二人と面識ないだろうに

とやかくツッコミまくってて、見ていてあんまり良い気はしなかったですよ。

 

このドラマ、そんな人ばっかり。

パーティーに呼ぶ人を本当に間違えた。

(逆に、他に昔からの友達はいなかったのか…とも思う。)

みんながみんな友達じゃなくて、この間初めて知り合った人とか

初対面の人とかがいて、それなりに良い大人なのに

恋愛や結婚の話しかしないのが不思議。

夜中に話が止まらなくなって寝られなくなる女子達の

修学旅行じゃないんだからさ。

仕事は何されてますか?とか、趣味は何ですか?とか、

そんな所から会話って広がるものだと思うんですけど。

それに、いつ結婚するか、結婚しない人生、決めるのは自分自身なのに…

桑野さんの1話でのスピーチを聞かせてあげたくなりましたよ(苦笑)

 

むぎと山下の失恋も、二人の様子で薄々分かっていたから

7話まで引っ張った意味も特に感じられないし。

タイミング次第…も人生において何ら珍しくもないしなぁ。

 

終盤の同棲生活を見るに、

ユリカとマコチ(高良健吾)の関係も長くは続かなそう。

ハートのにんじんで気合の入った朝ご飯、バッチリメイク、

「味噌汁から飲んだ方が良いよ」という押し付け…

アイロンかけられているシャツを見た時のマコチの表情ね。

タイミングよりかは、価値観が合うかどうかが重要だと思われます…

やっぱりタイトル通り、最後は「妄想している方が人生楽しい!」で締めるのかな。

 

あまりにも修羅場過ぎるからか、はっちゃけた感じもなく

ズーンとした重たい雰囲気が強く残った中での

明るい主題歌の「エビバディバンバン!嘘でしょドゥンドゥン!」の高低差が

一番面白かったのは…ここだけの話で(笑)

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com