*2022年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度*
1/17:DCU 1話 の感想記事をUPしました。

桜の塔 3話 感想|監察官の方が向いているかもね。

 

f:id:rincoro_ht:20210415231754p:plain

 

警視正に昇格するのは分かるけど、まさか監察官に異動する事になるとはねぇ…。

でも、もしかしたら、最初からそっちの設定で始めてみても良かったのかもしれませんね。

"やり方"が違うだけで、他の刑事と同じように手柄をとる展開が続くと、

バトルものとしての面白味には欠けるし。

前回で「警察のトップに立つ事で組織の膿を浄化したい」と言っていたので、

内部の掃除をする仕事はその目的と理にかなっていて、

漣(玉木宏)にとっては天職みたいなもんでしょう。

 

そして、監察官にしたお陰で、たまに見せる「用意周到そうで実は迂闊」な所が

今後の物語に活きて来そうな予感もさせました。

吉永(光石研)の悪どさや、千堂(椎名桔平)が一枚上手だったのも効いています。

自分の得意な悪知恵で計画が成功したつもりでいたら、それ以上に悪知恵を働かせる上司がいて、

現実では自分の出世を阻もうとする"最大の壁"の存在がある事を思い知る…

内部を観察すると、今まで知らなかった汚い部分が見えてきた時に

絶望感を覚える漣の姿が、本作の見所にもなるんだと思います。

 

個人的には前回までは、正義と悪の衝突が見たいという物足りなさを感じていましたが、

今回のような狐と狸の化かし合い路線になるんだったら全然アリですね。

漣も、ボイスチェンジャーを使わないまま電話する人とは別人で、

上司よりもまともに見えました(笑)

 

で…最後の内通者の件、刈谷橋本じゅん)か志歩(高岡早紀)と

ターゲットを狭めて問い詰める展開がもう来るのは意外。

志歩も中の人的に怪しいけど、"化けの皮"はまだ後の方にとっておきそう。

そうなると…やっぱり刈谷なんですかねぇ?

ほら、昨日のドラマとの掛け持ちがありますしw

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com