*2022年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度*
1/16:逃亡医F 1話 の感想記事をUPしました。

絶対正義 最終回 感想|突然の和解エンドに「?」が浮かびっぱなし

 

f:id:rincoro_ht:20190203142503p:plain

 

7年ぶりに目覚め、丸くなって帰ってきた範子(山口紗弥加)。

最終的に範子と打ち解けあえた4人。律子(白石聖)の急な改心。

範子化した由美子(美村里江)。

 

…ごめん。何がどうしてこうなったのか意味が分からない。

 

「正義とは何だろう」「人間誰しも間違える事はあるよね」

みたいな共感を呼ぶラストじゃなくて、最後まで「範子が襲ってくる不安と恐怖」を

ベースとした作風で突き通して行って欲しかったですね。

範子をはじめとした面々があまりにも変わり果てたものだから、

正直、律子の頭の中の「?」のあの画面が浮かびっぱなしでした…

 

律子が4人に下す罰は母親にも当てはまるんじゃないかという事は、

前回の感想で少し言及してはいますが、それ以外にも粗はたっぷりありました。

範子を殺そうとした事は、4人にとっては昔の事だから…と解釈出来るものの、

7年間意識を失い目覚めたばかりの範子にとっては、

その事件はまだ鮮明な記憶として残っているはずですよね。

なぜ急に丸くなったのか?

4人もインタビュー時では憎しみを滲ませていたのに、

なぜ殺人未遂相手を前にあどけない会話が出来るのか?

そして、最大級の疑問は、殺人を犯した範子がなぜ逮捕されないままだったのか?

これらを「ただ不器用なだけだった」で終わらせるのは、うーん…という感じです。

 

律子の裁きとは結局何だったのか。範子はいつどこで誰に見つけられたのか。

里穂(片瀬那奈)と出くわした森の住人は何者だったのか。

腕時計での撮影は事前に仕組んだ事だったのか。

範子と由美子以外の3人は結局どうなったのか。

色々謎も残したまま終わってしまったので、そういう意味でもモヤっとした最終回でした。

 

由美子と範子がタッグを組んで活躍するラストよりかは、

初回の無限ループで「歪んだ正義を持つ人は成敗される」裏ルールがあるかのような

意味深なラストの方が、まだ余韻が残ったかもしれませんね。

 

前回に引き続き、失速したストーリーになってしまったのはともかく、

新たな引き出しがある事を感じさせられた西浦さんの演出、メインキャスト6人

(山口さん、美村さん、片瀬さん、桜井ユキさん、田中みな実さん、白石さん)の

熱演っぷりに魅了されたドラマではありました。

特に、白石聖さんという逸材を見つけられたのには感謝。

田中みな実さんも、以前はアナウンサーだったと一瞬忘れるくらいの

自然体な演技をされていたと思います。

 

だからこそ、ゾクゾクするホラードラマのままで行って欲しかったんですけどねぇ〜

↑また言ってる(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓今までの感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com