*2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度*
9/25:2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度 の記事をUPしました。
「正義の天秤」初回までに間に合ったー!

大奥 最終章 感想|キーワードは「みかん」「キラキラ主題歌」

 

f:id:rincoro_ht:20190325235809p:plain

 

大奥…続編を今頃!?と思ったけれど、

本作が始まる前は2016年のSPが最後だったんですね。結構長い事やられていたと。

 

今までのシリーズはまともに見てなかったので(再放送でチラッと見かける程度で)、

今作が初めての視聴でした。

私が小さい頃はね〜…大奥、トラウマもんだったんですよ。

内容全体は覚えてないんですが、女性が棺で眠っているシーンが

結構記憶に残ってまして。当時はすっごくゾーっとしたんです。

だから、別の日にまた流れ出したら、耳は塞ぐわ視界を布団で隠すわで、

とにかく見聞きしないようにと俊敏に動いてたよ…と、大奥の話題が出ては

よく母からそんな話をされてました(笑)

まぁ、今はもう大丈夫ですけども。おっと話が逸れた。

 

「最終章」の感想を言うならば…そうですね。

妬みや嫉みだらけの中で直向きに生きる主人公、女性同士のドロドロ関係という

シリーズ定番な作りではありつつ、その2つを上手く重ね合わせながら

テンポ良く楽しめたのかなぁと思います。3時間だけど、間延び感はほぼなかったです。

 

でも、一番厄介だったのは吉宗(大沢たかお)なんじゃないかと。

「大奥は無用の長物」と、無意識に相手の逆燐に触れるような事を言うし。

罪悪感なしに竹姫(浜辺美波)にグイグイ近づいてくるし。

かと思ったら多喜(岸井ゆきの)と子供作っちゃうし。

吉宗のやってる事がワイルド過ぎて、大奥の悪巧みっぷりが薄まってしまったわ(笑)

(そして、二人の浮気相手を許しちゃう久免(木村文乃)。超が付く程のお人好し…!

私だったら出産立会いなんぞ出来ぬ…!!)

 

で、ほんのトンチキ臭もあり。

…本編にどんだけみかん出てくるのよ!!

吉宗の裾から出てくるのは、いつも、みかん。久免も、みかん。

竹姫が吉宗を待つ間心を満たすものは、何個も積まれた、みかん。

お守りとして持たせるのも、みかん。

みかんみかんみかんみかんみかんみかんみかんみかん…

この世界の人々を見守る番人は、もうみかんだったって事で良いんじゃないですかね(適当)

吉宗はいつも何個持ち歩いてたんでしょう。裾が重くない?胸元にも蓄えてるの?

 そんな事ばかり気になってしまいました←

 

極め付けは、時代劇に馴染まない、英語の入ったキラキラ主題歌。

吉宗「源氏(すずめ)に会いに行かぬか?」

……

主題歌「forever♪ forever♪ forever♪…」

……………………はぇ!?

白馬に二人が乗ってるのも、キスシーンも含めて…………はぇぇ!!!??

 

えっとー…月9の時間帯で放送されてるからラブシーン&挿入歌をねじ込んだのかと

最初は思ったんですけど、まさか、forever♪が主題歌だとはビックリしました(笑)

サザンの「愛と欲望の日々」みたいな色気のある曲が良かったなぁ…!

なんで、最後にその曲持ってきたかなぁ…!!

 

とまぁ、ツッコミどころはあったんですが、3時間SPでも面白く見られたのは確かです。

後半になるにつれて、久免に最大のショックを与えそうな存在の竹姫が退場したり、

月光院(小池栄子)があっさり助言したり、

毒薬を持ってた天英院(鈴木保奈美)は久免にそれを与えず

自殺を図ったところで助けられ改心したりと、

「女性のドロドロさ」は思ったほど強烈ではなかったなーという感じはしましたが、

着物の似合うザ・和風美人な役者陣のなりきりっぷりを楽しみました。

 

浜辺美波さんの整った顔立ち。おしとやかさ。木村文乃さんの凛とした佇まい。

小池栄子さんに強気な女性を演じさせたら安定感はありますが、

鈴木保奈美さんもぴったりハマってましたね。

はんなりでありつつ、静かにニヤッと笑う表情は最高でした。

 

綺麗な方々を見られて、眼福、眼福。