*2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度*
9/25:2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度 の記事をUPしました。
「正義の天秤」初回までに間に合ったー!

TWO WEEKS 8話 感想|デジカメの次は動画のコピーを奪う流れ?

 

f:id:rincoro_ht:20190716231841p:plain

 

結城(三浦春馬)に弱みを握られ脅された久留和(池田鉄洋)は、

自分の身を守るために「デジカメに動画のコピーがあるじゃないか!」と思いつく。

しかし、それをまんまと結城たちに録音されているのも知らず、

柴崎(高嶋政伸)が取り調べを受けている間に

彼の自宅へデータを取りに行こうと行動を起こした結城だが…

 

という流れだった訳ですが…

そうね。まぁ、この世界に「コピー」って手法が

ちゃんと存在してるのが分かって良かったです(笑)

そもそもこの騒動だって、事前に結城が動画のコピーをとっていれば

今の状態まで長引く事はなかったでしょうし。

内容も確認しないでUSBを壊したり、データを得るために

自ら柴崎の家に向かうというスリリングな行為をしたりするわで…

本作、ある意味危なっかしいんですよねぇ。

っていうか、コピーとってる事にそんなに驚かないで…w

 

ドライブレコーダーを導入する人も増えてきて、バックアップを取ることが

最早当たり前のようになっている今の時代で、

まさか…デジカメの次は動画のコピーを取り合う流れで

残り話数を引っ張るつもりじゃないのか?と、若干不安ではあります。

 

しかし、その要素以外にも

灰谷(磯村勇斗)の動きやすみれ(比嘉愛未)の移ろいゆく心情など

見所となるエピソードはしっかり用意されている印象で、

最終章突入という事で、それぞれの登場人物がどうなってしまうのかに注目しながら

見ていこうと思ってます。

 

これは余談ですけど、緊迫感のある逃亡劇の最中で

キビキビ歌って踊る三浦さんのCMのギャップには、ちょっと笑っちゃいましたな。

せめて放送が始まる前に流して欲しい(笑)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com