*2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度*
9/21:古見さんは、コミュ症です。2話(9/13放送) & オリバーな犬 1話 の感想記事をUPしました。
もう遅い時間なので、頂いたコメントは昼休みの時間にお返しします!(謝)

竜の道 二つの顔の復讐者 2話 感想|迂闊の道を辿る運命に?

 

f:id:rincoro_ht:20200728233631p:plain

 

いつものラブホ(みたいな照明の)部屋でやり取りしていれば

砂川(今野浩喜)に聞かれる事はなかっただろうにねぇ…。

今回の話、これに尽きますw

前回は曽根村(西郷輝彦)に復讐計画をベラベラ喋っていて

意外に根性なしかと思っていたら、今度は火9枠あるあるになりつつある

路地裏でうっかり大きな声で秘密を漏らしてしまう展開。

見た目や身振りはヤクザのイキったオーラを纏わせる割に脇が甘いから、

あんまり頭の切れる人には見えないんですよねぇ。

粗があり過ぎてやっている事に対して凄味を感じないというか…。

前回はもう少し賢く描かれていたような印象だったのですが、

2話にして路線変更したのでしょうか。

ボロが出る所は後にして、賢い双子による復讐物語をもう少し見ていたかったなぁ。

 

肝心の復讐計画も真意がよく分かりません。

霧島(遠藤憲一)を会社ごと潰したいのであれば、今回発覚した新サービスに関する不祥事を

砂川を利用して表に出せば良いだけの話ですし、

殺したいほど憎んでいるのであれば、会場でバッタリ会った勢いで刺せば良かったはず。

まぁ、話数の都合もありますし、まずは小さい所からじわじわと攻めていくつもりなんでしょうが、

今の状態では会社を助けているように見えてしまってるんですよね。

計画内容自体もこぢんまりしているから、

もっと「そこまでする!?」っていう容赦ない展開があると

復讐モノも盛り上がりそうな気がします。

じわじわと相手を追い詰める描写もないので醍醐味も薄く、

個人的にはその点もちょっと物足りない感じです。

 

妹との事は…のちのち三角関係に発展して

あの前回の冒頭のシーンに繋がっていくのかもしれませんが、

あんまりそこを積極的に描かなくても良いのかなと。

しばらくは霧島家の人々と尾上寛之さんの物騒なキャストの動向を楽しみます(笑)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓ 

rincoro-ht.hatenablog.com