*2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度*
9/25:2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度 の記事をUPしました。
「正義の天秤」初回までに間に合ったー!

きのう何食べた? 最終回 感想|締めはやっぱり「いただきます」

 

f:id:rincoro_ht:20190406010220p:plain

 

終わっちゃった……………。

良い意味で全然最終回らしい内容じゃなかった分、

何だかショックが大きい(泣)

でも、いつもの生活で、いつもの食卓で二人が「いただきます」をしたシーンで締めたのは、

中々本作らしいラストだったんじゃないでしょうか。

 

同性愛者だろうが関係なく、カップルが長続きする根幹は「食」にあるという事。

日常で欠かせない「食」を心から楽しんでいれば、どんな悩みやモヤモヤも飛び越えて

そこには温もりの詰まった空間が生まれるという事。

「美味しい」「ごちそうさま」「ありがとう」が愛情表現に繋がるという事。

人生を共にする相手と付き合っていく過程で、「食」がいかに重要な存在なのかを

丁寧に伝えてくれた作品でした。

 

そのメッセージ性が十分にあるから、シロ(西島秀俊)とケンジ(内野聖陽)も

心から幸せになって欲しいと思えます。

周囲を気にしいなシロが変われたのにも、納得感があります。

 

また、西島さんや内野さんは勿論ですが、本作の役者さんは皆自然体に演じてらして、

どれだけ苦しい想いをしてきたか、どういう心境を抱えて生活してきたか、が

台詞と台詞との間、息継ぎ、タメの抑揚で登場人物に感情移入出来る部分が多々あり。

パートナーがいて、同性愛者である自身を否定的に捉えてる(または誤解している)両親の

いる人の心理をちゃんと突いているなぁ…と素直に感じ取れる所も、好感度が高かったです。

 

食の重要性、結婚観、同性愛者とそうでない人での考え方の違い、などを

奇を衒わずに提示してみせた秀作ではありますが、

それは「キャラのハマり具合」「演技力の高い役者揃い」もあってこそ、だと思っています。

 

同じキャストで、同じ脚本家で、同じ演出家で、同じスタッフで…

本作で流れる日常を延々と見ていたい気持ちにさせられました。

原作はまだ続いているそうなので、愛を確認し合ってからの今後の二人の様子を

スペシャルでも何でも良いのでお願いします…。

ジルベールと小日向さんにも、またお会いしたい。

 

ホッコリとじんわりのバランスも心地良ければ、

時折のアドリブを交えたやり取りも、演じてる役者自身が楽しそうで。

最終回ではそれをたっぷり入れてくれたのもあり、満足度高い春ドラマの締めとなりました。

ありがとうございました。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓今までの感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com