*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20210922220030j:plain

 

10/28:「恋です!」最新話の感想をUPしました。

 

こんにちは、りんころです!

毎度おなじみ、視聴予定の10月期のドラマを紹介して行こうと思います。

※なお、期待度は私の嗜好&独断で決めているので、

特定の原作が大好きだという方は、満足感を得られない恐れもあります。

あくまでも一個人の意見です。基本的に、自己責任でお願いします。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう全15作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 秋ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

 

2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴&初回執筆予定の15作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

※初回放送日、スタッフに関する情報は、9/24時点のものです。

 

 

月曜日

 

ラジエーションハウスⅡ(10/4・フジテレビ・月曜21時)★

 

前作の最終回で渡米してから2年後…あの変わり者の天才放射線技師が帰ってくる!主人公を囲む豪華俳優陣の続投も決定。チーム"ラジハ"が、"視えない病"を再び診つけ出す。

 

はっきり申し上げます。

本作には全然期待しておりません(苦笑)

同じ脚本家である「ナイト・ドクター」の出来映えを見れば分かりますが、

また"仲間アピール"を強調した小っ恥ずかしい話になるんだろうと思えてなりませんね。

主題歌が変わらないのは唯一嬉しいですけど。

 

月曜日は今推している「古見さん」と、10/18から始まる「アバランチ」の2本で

十分充実出来そうだという予感がしています。

そして、例によって、月曜日の感想は(深夜帯に入るドラマを除いて)

月9と月10のどちらか1本しか書けません。

なので、本作の感想は書くとしても「アバランチ」が始まるまでの2話…

"繋ぎ"として…になると思います。

 

出演:窪田正孝、本田翼、広瀬アリス遠藤憲一八嶋智人

脚本:大北はるか(「ラジエーションハウス」「グッド・ドクター」「ナイト・ドクター」)

演出:鈴木雅之 (「ラジエーションハウス」「HERO シリーズ」「マスカレード・ホテル ※映画」)

   相沢秀幸 (「貴族探偵」「グッド・ドクター」「アンサング・シンデレラ」)

   水戸祐介 (「リフレイン ※SP」)

音楽:服部隆之 (「ラジエーションハウス」「半沢直樹 シリーズ」「陸王」)

企画:中野利幸(「ラジエーションハウス」「人は見た目が100パーセント」「隣の家族は青く見える」)

プロデュース:草ヶ谷大輔(「民衆の敵」「コンフィデンスマンJP」「モトカレマニア」)

主題歌:MAN WITH A MISSION「Remenber Me」

原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ『ラジエーションハウス』

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse2/index.html

 

 

アバランチ(10/18・フジテレビ・月曜22時)★★★★

 

政治家、官僚、大企業といった富と権力を持った“強者”だけではなく、一般市民においてもモラルハザードが叫ばれて久しい現在…。謎に包まれた集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍を描き、令和ニッポンで暮らす人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント

 

時間帯は変われど、長らく続いていた火曜ドラマ枠(火9枠)が月10枠にお引っ越し。

謎の集団・アバランチとかピカレスクとかはよく分からないけど、

とにかく映像の質感が良い!これだけは言える!!

予告映像だけでも、視聴者を引き込ませる世界観を作る事を確約してくれるのが伝わってきますね。

特に、ダボっとした袖から出てくる手でタバコを持って歩くシーンの照明の当たり加減が、

闇に覆われた日常の中にほんの光を射すという本作の作風(多分)を

物語っているような感じがして印象的。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=Cirk2TXsN7c&feature=emb_logo

↑第2弾30秒ver.の動画(YouTube)。ピアノの劇伴も味が出てます。

 

火9枠時代は最近は韓ドラリメイクものが多く、

最後の作品となった「彼女はキレイだった」も"ラブストーリー"としては悪くないけど、

個人的にこの枠で好きだった「視聴者を選ぶ挑戦的な作り」といったある種の刺々しさが

徐々に抜けてしまっていたのが気になったので。

同じ曜日に入れてきたのだから、月9が大衆路線なら、月10は際どい路線を…と、

本作をきっかけに、カラーの棲みわけをしてくれる事を期待しています。

 

出演:綾野剛木村佳乃福士蒼汰高橋メアリージュン田中要次

脚本:(「」「」「」)

演出:藤井道人(「新宿セブン」「日本ボロ宿紀行」「向かいのバズる家族」)

   三宅喜重(「僕のヤバイ妻」「嘘の戦争」「姉ちゃんの恋人」)

   山口健人(「TOKYO CITY GIRL」「それでも、僕は夢を見る」※全て映画)

音楽:(「」「」「」)

プロデュース:安藤和久(「お義父さんと呼ばせて」「後妻業」「まだ結婚できない男」)

       岡光寛子(「TWO WEEKS」「エ・キ・ス・ト・ラ!!!」「姉ちゃんの恋人」)

       笠置高弘(「シグナル シリーズ」「銭の戦争」「HEAT」「CRISIS」)

       濵弘大(「タンブリング」「サイレーン」「小説王」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ktv.jp/A/

 

 

古見さんは、コミュ症です。NHK総合・月曜22時45分)現在放送中

 

 

火曜日 

 

婚姻届に判を捺しただけですが(10/19・TBS・火曜22時)★★

 

仕事にやりがいを感じ、家に帰ればビールを飲んでくつろぐのが大好きだという「おひとり様最高!」な主人公が、ある日堅物男子から偽装結婚を申し込まれる所から物語が始まる。幸せな結婚って?仲良し夫婦って?偽装結婚した夫婦が織りなす、不意キュンラブコメディ

 

あ、あの…「おかえりモネ」と放送時期が被ってるんですけど…

そして堅物で静かそうなキャラが菅波先生と似てるんですけど……(汗)

(40話くらい溜まってますけど、ぼちぼち録画消化してます。東京狭過ぎる件(笑))

1つの作品が終わった次のクールには、当時の面影を残さないくらいの

全く違う役を演じる事はドラマあるある。

でもねぇ…本人のスケジュールの都合か分かりませんが、

これに関してはせめてもう1クール後に回して欲しかったなぁ…と思ってます。

 

予告映像をパッと見た印象としては、

良くも悪くもこの枠らしいライトな感じに仕上がっているのかな。

言葉は違えど5年前の某ドラマを思い出させる「偽装結婚」以前に、

登場人物(特に主人公)に不快感を覚えないかが

作品を視聴継続するかリタイアするかの決め手となってくるので、そこの所お願いします。

 

出演:清野菜名、坂口健太郎倉科カナ高杉真宙深川麻衣田辺誠一

脚本:田辺茂範 (「インハンド」「美食探偵 明智五郎」「オー!マイ・ボス」)

   おかざきさとこ(「正しいロックバンドの作り方」「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」)

演出:金子文紀 (「逃げ恥」「大恋愛」「G線上のあなたと私」「俺の家の話」)

   竹村謙太郎(「アンナチュラル」「G線上のあなたと私」「MIU404」)他

音楽:末廣健一郎(「逃げ恥」「G線上のあなたと私」「レンアイ漫画家」)

   MAYUKO  (「逃げ恥」「メゾン・ド・ポリス」「G線上のあなたと私」)

編成:宮﨑真佐子(「逃げるは恥だが役に立つ」「大恋愛」「オー!マイ・ボス」)

プロデューサー:松本明子(「3年A組」「恋はつづくよどこまでも」「オー!マイ・ボス」)

        那須田淳(「逃げるは恥だが役に立つ シリーズ」「#家族募集します」)

主題歌:あいみょん「ハート」

原作 :有生青春『婚姻届に判を捺しただけですが』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/

 

 

水曜日

 

恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜(10/6・日本テレビ・水曜22時)★★

 

勝ち気だけど恋には臆病な、弱視の盲学校の女の子と、喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキーが、ある日突然運命の出会いを果たす。笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディー

 

「レンアイ漫画家」の流れで良い作品になると良いんですが…

懸念点は"弱視"をどう扱うか?ですよね。

お涙頂戴のアイテムにされてもモヤっとしますし。

かと言って、それに対する思いやりの配慮に欠けた

ただの"臆病な女の子×ヤンキーによるラブコメ"で片付けられても、

じゃあその原作を選んだ意味は?と疑問に思ってしまってモヤっとします。

っていうか、そもそも、水10枠のラブコメって自分に合った試しがないんだよなぁ…(汗)

 

出演:杉咲花杉野遥亮奈緒鈴木伸之岸谷五朗

脚本:松田裕子(「東京タラレバ娘 シリーズ」「正義のセ」「レンアイ漫画家」)

演出:内田秀実(「あなたの番です」「知らなくていいコト」「ウチの娘は、彼氏ができない!!」)

   狩山俊輔(「ど根性ガエル」「俺のスカート、どこ行った?」「知らなくていいコト」)他

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :加藤正俊(「偽装不倫」「白衣の戦士!」「恋はDeepに」「ハコヅメ」)

プロデューサー:森雅弘 (「未満警察」「ウチの娘は、彼氏ができない!!」)

        小田玲奈(「家売るオンナ シリーズ」「ウチの娘は、彼氏ができない!!」)

        鈴木香織(「東京タラレバ娘 シリーズ」「白衣の戦士!」「恋はDeepに」)

主題歌:JUJU「こたえあわせ」

原作 :うおやま『ヤンキー君と白杖ガール』

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/yangaru/

 

 

木曜日 

 

SUPER RICH(10/14・フジテレビ・木曜22時)★★★

 

お金はあっても愛に飢えた孤独な女社長と、愛はあってもお金がない貧乏専門学生という真逆の2人が出会い、会社に襲いかかる困難を次々と乗り越えて前へと進んでいく姿を描く、波瀾万丈のジェットコースタードラマ

 

情報解禁された時から一番得体の知れない作品だと思っていましたが、

概要を読んでもよく分からないという(笑)

だって、予告映像が現時点で(9/24)パロディのみなんですもん。

 

でもなぁ…あの受けを狙った作り…

個人的には「スベる方のフジドラマ」になりそうな気がして、ちょっと不安なんですよね。

この枠の過去作品で例えたら、演者がカメラ目線でインタビューに答える演出とか、

合間合間に新人のポンコツっぷりをアピールする間抜けなSEを挟むだとか。

そういう作りで話の腰を折ってきた作品と似たような匂いがします。

まぁ、本編を見ていないので、何とも言えませんが。

 

したがって、期待度は星★2にしても構わないんですが、

最近勢いに乗っている江口のりこさんに"強いけど繊細"な女社長役はハマると思うので、

主人公が魅力的に映れば良いな…というほんの期待を込めて3にさせていただきます。

 

出演:江口のりこ赤楚衛二、町田啓太 他

脚本:溝井英一デービス(「将棋めし」「監察医 朝顔1 ※脚本協力」「癒されたい男」)

演出:三橋利行(「コンフィデンスマンJP」「トレース」「監察医 朝顔2」)

   平野眞 (「監察医 朝顔 シリーズ」「Chef〜三ツ星の給食〜」「SUITS/スーツ2」)

   相沢秀幸(「貴族探偵」「グッド・ドクター」「アンサング・シンデレラ」)

   阿部雅和(「監察医 朝顔 シリーズ」「戦力外捜査官」「婚活刑事」)

音楽:fox capture plan(「コンフィデンスマンJP シリーズ」「カルテット」「一億円のさようなら」)

プロデューサー:金城綾香(「監察医 朝顔 シリーズ」「グッド・ドクター」「悪魔の手毬唄 ※SP」)

        栗原彩乃(「森本刑事のオジさん監察日記 ※ネットドラマ」)

主題歌:優里「ベテルギウス

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/SUPERRICH/index.html

 

 

金曜日

 

らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜(10/15・テレビ東京・金曜20時)★★★

 

「DNAは嘘をつかない」が口癖で、32億個の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女とともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るヒューマンミステリー

 

待ってた!!!!!待ってた…………(泣)

普段この枠のドラマは見ないものの、

田中圭さんと安田顕さんのコンビによる掛け合いはぜひ見てみたくてですね。

お蔵入りにならなくて良かったです。

 

20時のドラマでかつミステリーだと、歳をとった世代でも楽しめる

時代劇テイストに落ち着きそうな気もするんですが、

とりあえずお2人目当てで見ていこうと思ってます。

ただ感想の方は…20時台は基本的にバタバタしていて録画視聴になるのと、

他に興味ある作品もあって混み合っているので、1話しか書かないのかも?

 

出演:田中圭安田顕倉科カナ、中田圭祐、渡辺いっけい松坂慶子

脚本:黒岩勉 (「グランメゾン東京」「アンサング・シンデレラ」「TOKYO MER」)

   酒井雅秋(「仰げば尊し」「名探偵・明智小五郎(2019) ※SP」「レッドアイズ」)

   福田哲平(「&美少女〜NEXT GIRL meets Tokyo〜」「インハンド」「レッドアイズ」)

監督:岩本仁志(「時をかける少女(2016)」「崖っぷちホテル!」「恋はDeepに」)

   西村了 (「怪盗 山猫」「ブラックスキャンダル」「DASADA」「ボイスⅡ」)

   松永洋一(「ドS刑事」「ブラックスキャンダル」「これは経費で落ちません!」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :濱谷晃一(「バイプレイヤーズ シリーズ」「アノニマス」「おじさまと猫」)

プロデューサー:山鹿達也(「死役所」「レンタルなんもしない人」「おじさまと猫」)

        北川俊樹(「あまんじゃく シリーズ ※SP」「僕はどこから」「アノニマス」)

        尾上貴洋(「ボイス 110緊急指令室 シリーズ」「ブラックリベンジ」)

        柴田裕基(作品不明)

OPテーマ:TOMORROW X TOGETHER「Ito」

EDテーマ:BTS「Stay Gold」

作:夏緑 画:菊田洋之『らせんの迷宮ー遺伝子捜査ー』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/

 

 

群青領域(10/15・NHK総合・金曜22時)★★★

 

恋人でもあったボーカルの突然の脱退宣言を受け、消えてしまいたいほどのショックを受けた主人公が、SNSでの誹謗中傷や音楽にも恐怖を覚え、全て逃げ出した先に出会ったのは海辺の町。ここでの生活を通して狭い価値観の世界を脱出し、1人の人間として生きていくのに欠かせない繋がりを掴むまでを描く、癒しと勇気のニューライフストーリーをお届けする。

 

作品概要を読む限りは、今の所主人公が韓国人である必要性は

あまり感じないんですけど…どうなんでしょうね?

映像を見てみない事にはどんな世界観になるのかも読めません。

2時間超の映画を1時間の感覚で見終えたような、視聴者を圧倒させる作りになるのかしら。

 

出演:シム・ウンギョン、若葉竜也柿澤勇人細田善彦板谷由夏

作 :長田育恵(「リテイク」「マンゴーの樹の下で ※SP」「すぐ死ぬんだから」)

演出:植田尚 (「サキ」「ごめん、愛してる」「まだ結婚できない男」)

   塚本連平(「お迎えデス。」「時効警察はじめました」「知らなくていいコト」)

音楽:橋口佳奈(「臨死!! 江古田ちゃん」「A3! シリーズ」※全てアニメ)

制作統括:清水真由美(「お義父さんと呼ばせて」「噂の女」「あなたには渡さない」)

     小松昌代 (「花燃ゆ」「ぬけまいる」「夢食堂の料理人 ※SP」「少年寅次郎」)

     岡本幸江 (「ごちそうさん」「おんな城主 直虎」「半径5メートル」)

劇中歌:片岡麻沙斗「」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/453601.html?cid=orjp-drama-lineup

 

 

最愛(10/15・TBS・金曜22時)★★★★

 

“事件を追う刑事は、かつて心を通わせた最愛の人だった” 殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー

  

恥ずかしながら「Nのために」も「リバース」も未見なので何とも言えませんが、

その2作品を見た視聴者には好評な意見が多いし、

「アンナチュラル」の演出家とプロデューサーが関わっているので、

秀作になる可能性は秘めているのかなと。

息を呑む展開になる事を期待しております。

 

出演:吉高由里子松下洸平井浦新

脚本:奥寺佐渡子(「Nのために」「リバース」「わたし、定時で帰ります。」)

   清水友佳子(「リバース」「わたし、定時で帰ります。」「彼女はキレイだった」)

演出:塚原あゆ子(「アンナチュラル」「MIU404」「着飾る恋には理由があって」)

音楽:(「」「」「」)

編成:中西真央 (「書類を男にしただけで ※SP」)

   東仲恵吾 (「重版出来!」「99.9(2018)」「グッドワイフ」「グランメゾン東京」)

プロデュース:新井順子(「アンナチュラル」「MIU404」「着飾る恋には理由があって」)

主題歌:宇多田ヒカル「」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/saiai_tbs/

 

 

和田家の男たち(10/22・テレビ朝日・金曜23時15分)★★★

 

コロナ禍で何となく音信不通になっていた家族が、ひょんな事から再会し、一緒に暮らす事に…。息子はネットニュース記者、父はTV局報道マン、祖父は新聞記者というマスコミ3世代が織り成す、異色のホームドラマ

 

予告映像を見るとドタバタ系な感じがするんですが、

ハートフルな作品を手掛ける印象のある深川栄洋監督×大石静脚本なので

ただの笑えて泣けるホームドラマでは終わらないんでしょうね。

佐々木蔵之介さん目当てで見ます!!!

 

出演:相葉雅紀佐々木蔵之介段田安則

脚本:大石静 (「家売るオンナ シリーズ」「大恋愛」「あのときキスしておけば」)他

監督:深川栄洋(「偽装の夫婦」「僕とシッポと神楽坂」「にじいろカルテ」)他

音楽:ワンミュージック(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「グッドワイフ」「にじいろカルテ」)

ゼネラルプロデューサー:中川慎子(「エイジハラスメント」「黒革の手帖」「東京独身男子」「桜の塔」)

プロデューサー:残間理央(「警視庁・捜査一課長2020」「泣くな研修医」「緊急取調室4」)

        本郷達也(「女子高生の無駄づかい」「あのときキスしておけば」)

        布施等 (「越路吹雪物語」「セミオトコ」「真夏の少年」「モコミ」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/wadake/

 

 

スナック キズツキ(10/8・テレビ東京・金曜24時12分)★★★★

 

~人はみな、傷つきながら、傷つけながら生きてる。~ 傷ついた人だけがたどり着ける店”スナックキズツキ“で、くたくたな夜にほっと一息つきませんか?人気漫画が原作の、ユニークな癒しのドラマが誕生!

 

「スナック」という響きが、今のドラマにはない昭和の香りを漂わせていて洒落てますね。

そして、原田知世さんと言えば「Blendy」なので、静かで少し落ち着いた雰囲気にもピッタリ。

どんなゲストがスナックに訪れてくるのかも楽しみです。

 

出演:原田知世

脚本:佐藤久美子(「釣りバカ日誌 シリーズ」「赤鼻のセンセイ」「三匹のおっさん1,2」)

   今西祐子 (「居酒屋ふじ」「新米姉妹のふたりごはん」「メンズ校」)

監督:筧昌也  (「バベル九朔」「脳にスマホが埋められた!」「ザ・ハイスクール ヒーローズ」)

   湯浅弘章 (「探偵が早すぎる」「死役所」「アノニマス」「カラフラブル」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「アノニマス」「孤独のグルメ9」)

プロデューサー:濱谷晃一 (「バイプレイヤーズ シリーズ」「アノニマス」「おじさまと猫」)

        井上竜太 (「記憶捜査 シリーズ」「三匹のおっさん シリーズ」「赤ひげ シリーズ」)

        奥村麻美子(「女ともだち」「人生最高の贈りもの ※SP」)

OPテーマ:「」

EDテーマ:「」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kizutsuki/

 

  

土曜日

 

(終)正義の天秤(9/25・NHK総合・土曜21時)★★★

 

医師から転職した天才弁護士が、冤罪の悲劇に苦しみながら、戦力外チームを率いて数々の難事件の真相を暴き、事件に関わる人々の魂を救う法廷推理ミステリー

 

元医師の弁護士という設定の時点で面白そうですね。

過去の出演作品的に、何となく日テレ…後はてぇへんだ のイメージがある亀梨和也さんが

NHKドラマで主演を張られるのも新鮮。

後は、全5話という短い話数にもかかわらず、脚本が3人体制なので、

キャラクターや物語の世界観に整合性が取れるか…といった所でしょうか。

 

出演:亀梨和也奈緒北山宏光大政絢中村雅俊

脚本:田辺満 (「警視庁・捜査一課長 シリーズ」「アカギ シリーズ」「dinner」)

   田中眞一(「警視庁いきもの係」「パパがも一度恋をした」「シェフは名探偵」)

   井上季子(「朝が来る」「ドラマ 家、ついて行ってイイですか?」)

演出:片岡敬司(「精霊の守り人1,最終章」「みかづき」「ミストレス」「天使にリクエストを」)

   二宮崇 (「豆腐プロレス」「フリンジマン」「天 天和通りの快男児」)

音楽:河野伸 (「おっさんずラブ シリーズ」「知ってるワイフ」「俺の家の話」)

制作統括:渋谷未来(「オーファン・ブラック」「最高のオバハン 中島ハルコ」)

     真鍋斎 (「立花登青春手控え シリーズ」「まんぷく」「ディア・ペイシェント」)

     岡本幸江(「ごちそうさん」「おんな城主 直虎」「半径5メートル」)

主題歌:「」

原作 :大門剛明『正義の天秤』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/452704.html?cid=orjp-drama-lineup

 

  

二月の勝者ー絶対合格の教室ー(10/16・日本テレビ・土曜22時)★★★

 

主人公は、激変する受験界に舞い降りた、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人。「中学受験は課金ゲーム」「親はスポンサー」過激な言動で常に周囲を圧倒するも、全員志望校に合格させるという確固たる意志を持って生徒と向き合う。中学受験だけではない、そこから見えて来る家族問題や教育問題などにも切り込んでいく、人生攻略ドラマ

 

中学受験でこの枠となると「受験の神様」を思い出してしまう私。

まぁそれは置いといて、コロナ禍でなければ本来「ドラゴン桜」と同じ

2020年7月期に放送される予定だったので…

今思えば、時期をずらして正解だったんじゃないですかね。

しかも土曜と日曜。前期の医療ドラマみたいに比較せざるを得ない訳で、

結局池井戸作品もどきで終わってしまった残念感が浮き彫りにならなくて済んだのかなと(苦笑)

 

とある読者さんから、原作は面白いという話をお聞きしているので、楽しみにしています。

主人公が放つ言葉も、上に作品概要としてまとめたもの以外に

「子供を合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」という挑発的なものもあって、

台詞を見ているだけでも惹かれますね。

恐らく、物語の展開は"勢い"が大事になってくるのかもしれません。

変に湿っぽくならないと良いな。

 

出演:柳楽優弥井上真央加藤シゲアキ

脚本:成瀬活雄(「小さな巨人」「乱反射 ※SP」「パラレル東京」)

演出:鈴木勇馬(「東京タラレバ娘」「今日から俺は!!「3年A組」「恋はDeepに」)他

音楽:小西康陽(「デカワンコ シリーズ」「戦力外捜査官 シリーズ」「東京全力少女」)

チーフプロデューサー :三上絵里子(「孤食ロボット」「きよしこ ※SP」「ボイスⅡ」)

企画プロデューサー  :高明希(「偽装の夫婦」「今日から俺は!!」「親バカ青春白書」)

プロデューサー:次屋尚 (「先に生まれただけの僕」「anone」「ドロ刑」「ネメシス」)

        大塚英治(「お迎えデス。」「獣になれない私たち」「知らなくていいコト」)

主題歌:DISH//沈丁花

原作 :高瀬志帆『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/2gatsu/

 

 

消えた初恋(10/9・テレビ朝日・土曜23時30分)★★★

 

話題沸騰中の大人気コミックを初のドラマ化!勘違いから始まる高校生の恋と友情を描く青春物語。ピュアで一生懸命、だけどちょっぴりトンチンカン!?尊い“初恋ラブコメ”が始まる!

 

何と言うか、「おっさんずラブ」を若くした感じなのかなぁ…?

ピュア過ぎるあまりに、咄嗟に出る台詞にクスッと笑えるものだったら良いですね。

CDデビューしてから初めてレギュラー&主演としてドラマ出演される目黒蓮さんと、

放送中にCDデビューを迎える、なにわ男子のドラマ出演第1作目となる道枝駿佑さんの

若手の2人を応援するつもりで見てみます。

 

出演:道枝駿佑目黒蓮福本莉子、鈴木仁、田辺誠一

脚本:黒岩勉 (「グランメゾン東京」「アンサング・シンデレラ」「TOKYO MER」)

監督:草野翔吾(「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」「レンタルなんもしない人」)

   宝来忠昭(「こえ恋」「嘘の戦争」「セミオトコ」「ボクの殺意が恋をした」)

音楽:富貴晴美(「さくらの親子丼 シリーズ」「西郷どん」「隕石家族」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「ザ・ハイスクール ヒーローズ」)

プロデューサー:神田エミイ亜希子(「僕の初恋をキミに捧ぐ」「24 JAPAN」)

        尾花典子(「死役所」「レンタルなんもしない人」「コタローは1人暮らし」)

        伊藤学 (作品不明)

主題歌:Snow Man「Secret Touch」/なにわ男子「初心LOVE」

原作:ひねくれ渡 作画:アルコ『消えた初恋』

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/kietahatsukoi/

 

 

日曜日

 

日本沈没ー希望のひとー(10/10・TBS・日曜21時)★★

 

原作は1973年に刊行され、それ以降もドラマや映画、アニメなど様々な形で語り継がれてきた「日本沈没」。本作はこれまでの作品とは一線を画し、オリジナルキャラクターの追加、2023年の東京を舞台といった形で大きくアレンジしていく。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描く。

 

ここ2作品は「素材は良いのに味付けで台無し」な感じだったので、

お願いだからどうかコッテコテの池井戸作品風に寄らないで…という思いでいっぱいです(笑)

本当にそれだけです。スタッフは悪くないので、後は脚本次第かな?

 

出演:小栗旬松山ケンイチ、杏、仲村トオル香川照之

脚本:橋本裕志(「就活家族」「オトナ高校」「リーガルV」)

演出:平野俊一(「インハンド」「病室で念仏を唱えないでください」「TOKYO MER」)

   土井裕泰(「コウノドリ シリーズ」「カルテット」「この世界の片隅に」「凪のお暇」)

   宮崎陽平(「狙われた半沢直樹のパスワード ※SP」)

音楽:菅野祐悟(「刑事ゆがみ」「半分、青い。」「危険なビーナス」「恋はDeepに」)

プロデューサー:東仲恵吾(「重版出来!」「99.9(2018)」「グッドワイフ」「グランメゾン東京」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/nihon_chinbotsu_tbs/

 

 

真犯人フラグ(10/10・日本テレビ・日曜22時30分)★

 

本作の舞台は、ひとたび世の注目を集めると別の"不幸"が生まれる呪われた街。主人公も、ある日忽然と消えた妻と子供達を探すために世間に注目されようとするのだが、その行為で逆に「あの旦那が殺害したのでは?」という真犯人フラグが立てられてしまう。愛する家族を取り戻すまでの半年間の壮絶な戦いが始まる。ーこの事件、あなたなら、どんな"物語"を想像しますか?ー

 

「ーこの事件、あなたなら、どんな"物語"を想像しますか?ー」って書いている時点で

投げっぱなしで終わらせる気満々ですよね(苦笑)

好きなように考察させておいて、最終的にSNSであーだこーだ言わせてザワつかせたら

本人の思うツボなんです。きっと。だからもうその手には乗りたくない!w

…と言いつつ、西島秀俊さんと芳根京子さんが人質にとられているので←言い方

チェックせざるを得ない訳で…。

まぁ、「あなたの番です」と同じ手法になるでしょうから、

感想は初回だけ書いて後はツッコ見メインになると思います。

 

出演:西島秀俊宮沢りえ芳根京子

脚本:高野水登 (「賭ケグルイ シリーズ」「3D彼女 リアルガール ※映画」「極道めし」)

演出:佐久間紀佳(「火村英生の推理」「あなたの番です」「トップナイフ」)

   中島悟  (「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「俺の話は長い」「#リモラブ」)

   小室直子 (「ボク、運命の人です。」「3年A組」「私たちはどうかしている」)

音楽:林ゆうき (「緊急取調室 シリーズ」「嘘の戦争」「シグナル」「10の秘密」)

   橘麻美  (「フラジャイル」「嘘の戦争」「あなたの番です」「10の秘密」)

チーフプロデューサー :加藤正俊(「偽装不倫」「白衣の戦士!」「恋はDeepに」「ハコヅメ」)

プロデューサー:鈴間広枝(「あなたの番です」「私たちはどうかしている」)

        松山雅則(「あなたの番です」「私たちはどうかしている」「コントが始まる」)

主題歌:Noverbright「seeker」

企画・原案:秋元康(「あなたの番です」「リモートで殺される ※SP」「共演NG」「漂着者」)

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/

 

    

番外編 

 

おいしい給食 season2(10/13・テレビ神奈川 他 ※放送日時は各局別)★★★★

 

前作で転勤になった給食マニアの教師・甘利田幸男は、常に給食の事しか考えていない男である。しかし、彼が担任を務めるクラスにやってきた転校生は、なんと、かつて2人で給食対決を繰り広げてきた宿敵・神野ゴウで…。給食マニアの教師と生徒による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディ

 

これは見るでしょ〜。

給食への愛を語る激しいモノローグ&校歌を歌う時にノリノリな市原隼人さんに

また会えるんだから、絶対見るしかないでしょ〜〜〜(笑)

給食を通して、新たな発見もあるし、当時食べていた給食の味を懐かしむ事も出来るし。

楽しみですな♪

 

出演:市原隼人土村芳佐藤大志 他

企画・脚本:永森裕二(「おいしい給食 シリーズ」「柴公園 シリーズ」「人狼ゲーム シリーズ」)

監督:綾部真弥(「おいしい給食 シリーズ」「柴公園 シリーズ」「声優探偵」)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:(「」「」「」)

主題歌:「」

公式サイト:https://oishi-kyushoku2.com

 

 

カムカムエヴリバディ(11/1・NHK総合・月〜金曜8時)★★★

 

今回の題材は「ラジオ英語講座」。連続テレビ小説ちりとてちん」の作者である藤本有紀が新たに書き下ろす、三世代の女性達が紡いでいく100年のファミリーストーリーをお届けする。

 

朝ドラは基本録画視聴なので、溜まり過ぎたら諦めてしまう可能性もあるんですが、

主人公が3人という設定は斬新ですね。

どうやって物語を紡いでいくのか、ちょっと気になります。

 

出演:上白石萌音深津絵里川栄李奈

作 :藤本有紀 (「みをつくし料理帖(NHK) シリーズ」「ちかえもん」「浮世の画家 ※SP」)

演出:安達もじり(「カーネーション」「花子とアン」「まんぷく」「心の傷を癒すということ」)

   橋爪紳一朗(「花子とアン」「半分、青い。」「デジタル・タトゥー」「エール」)

   深川貴志 (「花燃ゆ」「おんな城主 直虎」「半分、青い。」「麒麟がくる」)

   松岡一史 (「まんぷく」「心の傷を癒すということ」)

音楽:(「」「」「」)

制作統括:堀之内礼二郎(「ゲゲゲの女房」「花燃ゆ」「まんぷく」「心の傷を癒すということ」)

     櫻井賢(「マッサン」「ちかえもん」「宮崎のふたり ※SP」「西郷どん」)

プロデューサー:葛西勇也(「スカーレット」「閻魔堂沙羅の水利奇譚」)

        橋本果奈(「心の傷を癒すということ」)

広報プロデューサー:齋藤明日香(作品不明)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/441427.html?cid=orjp-drama-lineup

 

  

視聴未定なドラマ 

 

じゃない方の彼女(10/11・フジテレビ・月曜23時6分)

 

企画・原作 秋元康が仕掛ける全く新しい不倫コメディが誕生。濱田岳が天然魔性系女子大生に振り回される!?真面目な既婚男に人生最大の恋のピンチが襲いかかる!

 

不倫ドラマの次に不倫ドラマ。

翻弄される系はあっても、不倫に走る濱田岳さんは珍しい気はするんですが、見るかなぁ?

 

出演:濱田岳山下美月山崎樹範

脚本:服部隆  (「猫探偵の事件簿 シリーズ」「警視庁・捜査一課長5」)

   モラル  (「まだ結婚できない男 チェインストーリー ※ネットドラマ」「年下彼氏」「極主夫道」)

   青塚美穂 (「伊藤くん A to E」「プリズンホテル」「この恋あたためますか」)

監督:三木康一郎(「来世ではちゃんとします シリーズ」「ポルノグラファー シリーズ」)

   根本和政 (「脳にスマホが埋められた!」「忘却のサチコ(2018)」「その女、ジルバ」)

   岸川正史 (「ラーメン大好き小泉さん 二代目! ※SP」「さくらの親子丼3」)

音楽:小山絵里奈(「ポルノグラファー シリーズ」「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「アノニマス」「孤独のグルメ9」)

プロデューサー:中川順平 (「娘の結婚※SP」「リーガル・ハート」「行列の女神」)

        木下真梨子(「忘却のサチコ シリーズ」「フルーツ宅配便」「Iターン」)

        森田昇  (「サイレント・ヴォイス シリーズ」「珈琲いかがでしょう」)

        清家優輝 (「声ガール!」「仮面同窓会」「極主夫道」)

        岸川正史 (「文学処女」「さくらの親子丼3」「DIVE!!」)

主題歌:「」

企画・原作:秋元康(「あなたの番です」「リモートで殺される ※SP」「共演NG」「漂着者」)

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/janaiho/

 

 

言霊荘(10/9・テレビ朝日・土曜23時)

 

―口は呪いの元―発した言葉がすべて現実に…!?マンションの住人女性たちが"言霊"の力に苛まれていく、秋の夜長にぴったりな前代未聞の「美しい禁断のホラードラマ」が開幕!

 

西野七瀬さんが主演だし、呪いが題材となったドラマだし。

てっきり秋元康さん企画原作かと思ったら違うんですね(笑)

「あなたの番です」を意識した作品になりそうな気がするので、多分見ないかもしれません。

 

出演:西野七瀬永山絢斗斉藤由貴

脚本:橋本裕志(「就活家族」「オトナ高校」「リーガルV」)

演出:落合正幸(「グ・ラ・メ!」「就活家族」「天才を育てた女房 ※SP」「春の呪い」)

   日暮謙 (「過保護のカホコ」「FINAL CUT」「24 JAPAN」「あのときキスしておけば」)

   松川嵩史(「幸せになりたい!」「猿ロック」「家政夫のミタゾノ4 6話」)

音楽:(「」「」「」)

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「七人の秘書」「桜の塔」)

プロデューサー:浜田壮瑛 (「べしゃり暮らし」「七人の秘書」「ザ・ハイスクール ヒーローズ」)

        谷口達彦 (「M 愛すべき人がいて」「ぐらんぶる ※映画」)

        木曽貴美子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「まだ結婚できない男」)

        村山太郎 (「さくらの親子丼1,2」「庶務行員・多加賀主水5 ※SP」)

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/kotodamasou/

 

 

顔だけ先生(10/9・テレビ朝日・土曜23時40分)

 

顔はイケメンだが教師らしい事は一切しない"顔だけ先生"が、訳ありだらけの生徒や保護者を救っていく…?こじらせたまま大人になった全ての人へ捧げる、予測不可能な学園ドラマ

 

今期から「オトナの土ドラ」ではなく「土ドラ」に変更。

まぁ、最近はこの枠のカラーから離れた異色な作品が多かったので、

「オトナの」という表現をなくした事自体に違和感はないですけど、

それにしても随分ポップな作風に変わりましたね。

 

うーん、変わり者で目をつけられがちな教師が活躍する学園モノは

何十年前から使い古されている題材なので…どうかなぁ。

初回はチェックするんだろうか?

 

出演:神尾楓珠貫地谷しほり八嶋智人

脚本:水野宗徳(「BARレモン・ハート シリーズ」「息もできない夏」「ネット歌姫 ※SP」)

   櫻井智也(「相棒 season15」「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」)

   秋山竜平(「捜査会議はリビングで! シリーズ」「流れ星」「リテイク」)

演出:原桂之介(「Back Street Girls -ゴクドルズ-」「正しいロックバンドの作り方」)

   白川士 (「記憶捜査 シリーズ」「三匹のおっさん シリーズ」「極道めし」「青のSP」)

音楽:木村秀彬(「コウノドリ シリーズ」「この恋あたためますか」「IP〜サイバー捜査班」)

企画:市野直親(「さくらの親子丼 シリーズ」「火の粉」「准教授・高槻彰良の推察1」)

プロデュース:後藤勝利(「屋根裏の恋人」「恐怖新聞」「最高のオバハン 中島ハルコ」)

       中野千廣(作品不明)

       池田禎子(「ドクターX シリーズ」「遺産争族」「極道めし」「リーガルV」)

主題歌:崎山蒼志「風来」

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/io/kaodakesensei/

 

 

まとめ

 

以下、視聴+初回感想執筆予定の15作品です。

※現時点で放送されている作品は除きます。

 

ラジエーションハウスⅡ(フジ・月9)

アバランチ(フジ・月10)

婚姻届に判を捺しただけですが(TBS・火10)

恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜(日テレ・水10)

SUPER RICH(フジ・木10)

らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜(テレ東・金8)

群青領域(NHK総合・金10)

最愛(TBS・金10)

和田家の男たち(テレ朝・金11)

スナック キズツキ(テレ東・金深夜)

正義の天秤(NHK総合・土9)

二月の勝者ー絶対合格の教室ー(日テレ・土10)

消えた初恋(テレ朝・土11)

日本沈没ー希望のひとー(TBS・日9)

真犯人フラグ(日テレ・日10)

 

そして、期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 アバランチ(フジ・月10)

2位 スナック キズツキ(テレ東・金深夜)

3位 最愛(TBS・金10)

4位 二月の勝者ー絶対合格の教室ー(日テレ・土10)

5位 正義の天秤(NHK総合・土9)

 

 

さて…特筆すべきは「月曜のドラマが大渋滞」の件ですね。

次の日は会社や学校で、深夜帯までリアタイ出来なくて録画になっちゃう人も多いだろうし。

そして、同じ曜日に4本も集中するとなると、仮に今後みんな見たいドラマが重なった時に

どれか視聴や録画を諦めなければならなくなる訳で、

これって逆にドラマ好き&少しでも気になっている視聴者を確保する機会を

失っちゃうと思うんですよねぇ。

単純にドラマ枠を増やし過ぎっていうのもある。

 

録画についてもう少し具体的に言うと、

23:06〜の「ドラマプレミア23」と22:45〜の「よるドラ」は、

基本的には"1クール(3ヶ月内)に1作品""全10話"という形式にこだわらない不規則な枠。

で、放送時期がどこもバラバラだった場合、月9は初回30分拡大、2話は15分拡大が定番なので、

今後も月10は2週間後に初回スタートという形を取ってくれないと

23:15くらいまで録れていない作品が出てくるため、ちょっとキツい…といった感じ。

 

一方で、月曜が渋滞した代わりに

火曜日のプライム帯のドラマは火10のみという過疎っ過疎具合(泣)

かつて火10枠にフジとTBSとNHKがぶつかっていた頃が懐かしい…。

(当時NHKの方は見た事なかったけれども)

水曜日は水10のみ。木曜日は、今期は木9の作品はパスするので、木10のみ。

となると、火〜木はリタイアしたらもう完全に暇になるのでね。

のんびりしたり、他の趣味を満喫したりする時間に充てても良いんですが…

どれも面白い作品でありますように。

 

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

秋クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ