*2022年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度*
1/16:逃亡医F 1話 の感想記事をUPしました。

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(2020) 1話 感想|心療内科で診てもらって!

 

f:id:rincoro_ht:20200106223551p:plain

 

えっと…前作の結末がどんなもんだったかって、覚えてないんですよね…実は(笑)

視聴前にキャストを知った時、某アイドルグループみたいに

メンバーが半分くらい入れ替え制になっているのに驚き。

伊藤淳史さんって結局どうなってたんだっけ?という疑問も持ったけど、

軽く検索してみてようやく「あ〜…」と思い出すという…

少しでも良いから振り返って欲しかったかなぁ。

 

さて、元祖主演の方の出番がなくなり、ある意味「"新生"絶対零度」として

生まれ変わった本作。悪くなかったです。

縦軸のエピソードも、井沢(沢村一樹)が一線を越えてしまったのか?に絞った事で

見やすくなりましたし、アクションシーンで存分に楽しませつつ、

後半は井沢の過去も絡めて人間模様の重さで魅せる…というメリハリの付け方も良く、

この作りならば「絶対零度」という名のブランドに囚われずに

のびのびとやって行けるんじゃないかな?と期待させてくれた初回でした。

 

そして、本作の見所は何といっても、沢村一樹さん演じる"井沢範人"ですよねぇ…

前作もそうでしたが、この主人公見たさに見ているようなものなのです。

「殺そうとした事、殺せなかった事、どちらも後悔する」

「正解がないのなら、自分が正しいと思った道を、強い意志を持って進むしかない」

色々と良いなぁ…と思う部分はありましたが、特にこのシーンでの姿が印象的。

殺意と善意の境界線で揺れ動いている中に、ほんの苦しみが自分でも気づかない所で

ゆらゆらと現れて来るような演技が堪らなかった。

 

しかし…状態が悪化しているのは気のせいですかね。

自宅に帰ってきたらはっきりと妻と子の残像が見えるんですよ??

もう「やめろーーー!!」ってそばで言って止められるレベルじゃないでしょ。

まさか、年明けても「心療内科に行ってこい!」なんてツッコむ事になるとはねぇ…

あとツッコミポイントと言えば、主題歌。

家入レオさんなのは嬉しかったけど…今回、入りがちと軽い(泣)

「僕が止める」「愛を止めて〜♪」に吹き出してしまった私なのでした。

 

"新生"絶対零度は受け入れられそうですけど、主題歌は…慣れるかなぁ(笑)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com