*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
12/3:SUPER RICH 8話 の感想記事をUPしました。

半沢直樹(2020) 10話(最終回) 感想|愛と正義の物語…おしまいdeath!

 

f:id:rincoro_ht:20200719222536p:plain

 

あーーーーー楽しかった……。終わっちゃいましたね。

あれだけの濃さなら、最終回も25分拡大して全然OKだったのに(笑)

でも、満喫させていただきました。

 

盛り上がりどころは色々あったけれど、それは後で書くとして…

まず個人的に一番アガったのは、花ちゃん(上戸彩)が白井大臣(江口のり子)や

半沢(堺雅人)を後押しするシーン。

久しぶりに彼女の頼もしいキャラクターっぷりを感じられて嬉しくなりましたよ。

本作が始まる前の総集編で、数々のエピソードの中でも

半沢の家に家宅捜査した際の国税の失礼な態度に「銀行員の妻をナメんなよ!」と

啖呵を切ったシーンが特に印象に残っていたから、

またあのような大々的な活躍を見せる時が来ないかなぁ…とウズウズしていたんですよね。

最終回まで待ちに待ち続けました。

彼女の見せ場を最後までとっておいたのが

半沢側による怒涛の反撃戦の起爆剤として意味をなしていて、

この"焦らし作戦"、かなり成功したんじゃないかと思います。

 

他にも、中野頭取(北大路欣也)の曖昧そうな表情から優柔不断と思わせてからの、

実は後先の事も考えて動いていたというギャップの強さで驚かせたり。

恩を受けた瀬名(尾上松也)と森山(賀来賢人)が半沢を叱咤激励するシーンがあったり。

そして、初心にかえって寝返る白井大臣だったり、

「聞こえないね〜」返しする大和田(香川照之)だったり…

いろんな意味で「そう来たか!」と、今までの流れがひっくり返るような

サプライズが満載で、飽きさせない内容でした。

 

以前、土下座を軽視しているといった発言をしていたのもあり、

超高速で済ませた箕部(柄本明)にはムキー!とはなったけれど。

彼にこそ前回の組体操をやって、強制的に長く謝らせて欲しかったけれど…(笑)

でも、前シーズンでの大和田の土下座時間の対比にもなっていて、

これはこれで面白いのかも…と思います。

すぐさま逃げ去る時の子供みたいな腕の振り方は中々滑稽でしたしw

 

前シーズンの大ヒットを受けて似たような作品が増えたのもあり、

人気作とは言えもうあの衝撃を超える事はないのだろう…と思っていましたが、

いざ蓋を開けてみたら軽々と超えてきました。

「続編になると面白くなくなる説」を見事に打ち破ってくれました!

半沢を支える仲間たちに愛着を持たせたのがやはり大きいのかも…ですね。

メインは勧善懲悪でも、裏を返せば強火半沢担によるラブストーリーでしたから(笑)

そして、まさに勧善懲悪の"生みの親"とも言える池井戸班だけが持っている強みを活かして、

全体図のわかりやすさや熱い演出、

歌舞伎役者には歌舞伎っぽい演技をやらせて盛り上げようといったエンタメ性など、

約6ヶ月という長い年月でここまで精度を上げてきた作品を見られた事に、

感謝してもしきれません。

 

原作はついこの間新作を出したみたいですから、

またどんなに年数が経ったとしても続編を待ち続けます。

シーズン1から見ていた視聴者にとっても、きっと待った甲斐がある出来でしたよね。

楽しかったdeath…

いや、"最高に"楽しかったdeath!!

 

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓今までの感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com