*2022年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度*
1/16:逃亡医F 1話 の感想記事をUPしました。

婚姻届に判を捺しただけですが 3話 感想|美晴、もしかして魔性の女だったりするのか?

 

f:id:rincoro_ht:20211019232032p:plain

 

えっと…ピュア?ピュアで合ってるの?あの一途さは。

未練がましいとか、偏屈とかって言った方が近いと思ってしまうのは私だけですか?

そもそも、失恋を断ち切ったり、

忘れるために美晴(倉科カナ)のいる場所を去ったりするんじゃなくて、

「美晴を好きな事を悟られない」ために好きでもない相手との結婚を申し込んで、

彼女の前ではあくまでも"同級生"の体で近くに居続けようとする時点で

ピュアではないんですよねぇ。

 

初めて心のシャッターを開けた途端、美晴(倉科カナ)への想いを

何でもかんでも話せるようになる百瀬(坂口健太郎)の急変化もよく分からない。

で、もっと分からないのは…

百瀬のピュア(?)さにキュンと来たらしい明葉(清野菜名)の様子もそう。

百歩譲って、切ない恋を経験した百瀬にハグしたくなる気持ちには頷けるのかもしれませんけど、

それは"恋心"じゃなくて"同情"から来るものなんじゃない?と思えてしまいました。

 

まぁ、この手の作品は、最初は好きでもない同士でも次第に相手が気になってきて、

最終的には両想いになるのが鉄板ですから、

今からコツコツと「好きになる」フラグを積み重ねておこうって考えで

あのラストにしたんでしょうが…

それにしても、説明する必要のない事を説明するし、

逆に補足を入れて欲しい部分で全然入れてくれなくて、

肝心の"恋の揺れ動き"に感情移入しづらくなっているのが本作の最も致命的な所なんですよね。

 

例えば、前者で言えば「恋のフラグは立ってしまった!」という台詞。

さっきも書いたように個人的には"同情"に近い感じがしますけど、

明葉が百瀬を見つめる目や「百瀬さんが苦しみ続けて…」といったモノローグを見聞きしていれば、

ああ、彼に特別な感情を抱くようになったんだな…となんとなく分かるのに、

その時の感情や衝動を全て説明台詞に起こしてしまう。

説明する事で、作品や登場人物の奥行きがなくなる気がしています。

そして…後者で言えば、これは前回の感想とも少し被りますが、

仕事内容も知らない上に「僕の幸せは僕が決めます」と頑なだった様子から

プレゼン会場にヒーローとして現れて喋りがペラペラになるまでの間の話がなさ過ぎる事。

正直言ってしまえば、自分の幸せを考えたらどうかと何の突拍子もなく責められたのがきっかけで、

明葉がピンチな時に助けに行くようになる…みたいな流れになるのが「?」状態なんですけど。

せめて、企画書やデザインに目を通しているシーンをちらっと差し込んで、

そうなるまでに至った理由として、プレゼンを終えた後に、

自分の今求めている幸せが何かを考えたら、まず誰にも"偽装結婚"とその理由がバレずに

無事に暮らせる事が出てきて、そのためには明葉の人となりと仕事への熱意を

尊重する事が大切だと気づいた…っていう過程を簡潔にまとめた台詞や回想を

補足代わりに入れていれば、百瀬がデレを見せたのにも理解出来たと思うんです。

 

美晴にしてもなぁ…なんか、このまま明葉と百瀬の2人の距離がスピーディに縮んでいくとなると、

実は百瀬が自分を好きなのを知っていて弄んでいました!

極端に言えば、彼と同じような理由で私も偽装結婚してました!とかっていう展開が

来そうで怖いですね。

奥さんも来ているパーティ会場で「おんぶしてもらった」というマウント発言。

スコーンだけじゃなくて紙皿も持って訪れる。

いや、明葉が帰宅しなければまだ居座る気満々だったでしょ。

明葉目線で見た時の2人…普通に夫婦に見えましたからね。

で、最もあざとかったのは「旦那さんがいるとこういう時助かるよね」

「そう言うと、柊くんがなんか私の旦那さんって意味になっちゃうか」

これ…相手に好意を持っていなければ出ない言葉じゃないですか??

せっかくの倉科カナさんなんですけど、これ以上共感出来ない登場人物が増えてくると

ますます視聴するモチベがなくなってしまうというか…(汗)

おもちを抱きたいのなら玄関でも可能なのに、女性を部屋に入れるのも、うーん…ですし…。

 

したがって、3話まで感想を書き続けてきましたが、

これ以上見てもネガティブな感想から一向に変わらなそうな予感がしたので、

坂口健太郎さん目当てで今後も見るにしても、今回で書くのは止める事になりそうです。

火10枠は基本的に相性が悪くてですね…やっぱり火曜日のドラマがここだけなのは厳しい(泣)

来週、もしも別のドラマの感想が投稿されるか、

あるいは何も投稿されなかったら、そういう事だと思ってくださいませ。

 

 

↓最終回の感想はこちら(書く予定なかったのに書いちゃったよw)↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ポチッと押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ