*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

僕はどこから 6話 感想|ガッツリと"第2章モード"に入る展開。

 

f:id:rincoro_ht:20200110200859p:plain

 

いつも冒頭にあった薫(中島裕翔)と智美(間宮祥太朗)の学生時代の回想がなくなり、

前回のあらすじへと差し替えられたのを見て、

「物語が"第2章"にいよいよ突入しようとしているのだな」という感じが伺えました。

出会いのきっかけ、当時の関係性…といった初期設定を大幅に排除した分、

二人の間にしかない、警察の持つ正義感や反社会勢力の仁義以上に揺るぎない

「友情」「絆」がより明確化されたような気がします。

 

会長(若林豪)の思惑、山田(高橋努)の企み、駿(岡崎体育)の気味悪さ、

井上(笠松将)の危うさなど、それぞれの人物の動きをチラつかせて

視聴者に興味を持たせる手法は初回の作りと似てはいるものの。

ここまでで、薫と智美が過ごした青春の日々というバックボーンが

十分に伝わる内容になっており、

また、警察に連行されてしまう危機を、連携プレイで乗り越えてみせた

熱い前回からの今回…という流れでもあるので、

今度こそ、水面下で動く強力な支配者の手によって

二人の友情が壊されてしまうのではないか?と、今後の行方にハラハラしてなりません。

 

実母は暴力を振るう実父から、兄妹を守る事が出来なかった。

そこで、血の繋がりは何の足しにもならないと思い知る。

誰にも頼らない。だから自分が強くならなければならない…という

智美の少年時代も印象的で。

そんな「はじめに力ありき」が必須の環境の下で過ごしてきた智美と、

人を疑う事をまるで知らないような、純粋で素直な心の持ち主である薫が、

千佳(上白石萌歌)の救出を通して、初めて正反対な二人が出会えた事が

改めて素敵だなぁとも思える話でもありました。

 

漢字の間違い探しゲームのくだりも、その事について話している最中に

学生の頃の二人の面影が現れていたように感じられて、中々好きです。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com