*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

TWO WEEKS 1話 感想|毎週怪我して結末がドナー白紙はナシよ?

 

f:id:rincoro_ht:20190716231841p:plain

 

ちょ〜っと、登場人物の立ち位置と、時間軸の行き来が分かりづらい初回でしたねぇ。

「ドナーになって我が子を守り抜くための逃亡劇」なのは分かっているので、

要所要所にスリリングな展開を盛り込んで欲しかったです。

 

冒頭で、数人で無線でやり取りし、柴崎(高嶋政伸)を張り込み、

後に大地(三浦春馬)がナイフを持ってて誰かを殺した…?という所まで

見せていましたが、掴みとして見せるなら「ナイフを持ってて…」の部分だけの方が

視聴者の目を引いたんじゃないでしょうか。

それぞれがどんな関係で、どんな状況なのかをまだ理解し切れていない状態での

展開だったので、「面白そう」というよりも

早く理解しようと全体の様子を追うのに必死でした。

同じシーンを繰り返し見せる作りにするから、15分も拡大して

若干グダッたテンポになってしまうのでは?と思います。

 

また、これも韓国ドラマのリメイク作品なので、ツッコミ所が出てしまうのは

しょうがないのでしょうが、○年前などのテロップも全く出されず、

これはいつの時代の話なんだ?と気になってしまったのも

物語の世界観にググッと引き込まれない原因の1つでした。

特にそう感じたのは、大地の同居人・相良(森永悠希)がデジカメを借りていくシーン。

相良がデジカメをわざわざ使う程の写真が趣味の人物だ、というのが

どこかで提示されてるのならまだ良いんですが。

スマホでも写真が撮れるのにデジカメを借りるとは、

この世界はスマホが存在しない世界なのか?などの引っかかりを覚えました。

(まぁ、そうしないとドラマにならない…ってか。)

 

ドナーは怪我をしてはならない、と言われているのに

既に初回で大怪我を食らっていて、それでも提供者からは外れないというのも

何とも不思議な設定です。

あの可愛いはな(新垣来泉)ちゃんの為にも、

毎週同じくらいの怪我しまくって、最終的にドナーの件はナシ…に

ならないと良いけれども。

韓ドラはバッドエンドが多いイメージなので、その選択もやりかねん。

 

あと最後にツッコむなら、日本は逮捕されたら臓器提供は出来ない法律になってるのか

分かりませんが、せっかくの確率で合ったのかもしれないのだから、

たった一人の命でも先に提供する事は出来ないのかとも思いました。

だって…提供されず、代わりのドナーも見つからないまま亡くなったら、

命を失わせた警察の罪は重くならないか?なんて。

(まぁ、そうしないとドラマにならない…ってか。←2回目)

 

と、そんな感じで色々な部分が引っかかり、逃亡劇ならではのハラハラ感は

あまりないまま見終わってしまいましたが、

主演を固めるキャスト陣は濃く、その点は今後どう関わっていくのか

中々楽しみではあります。

三浦春馬くんの、ダメンズでチャラい役もハマってますね。

…でも、わざわざ歌手デビューさせる必要性は感じられないけれどね(汗)

 

そもそも、このドラマこそ、設定や展開を見るに、原作を借りなくても

オリジナルで作れたんじゃ?とも思いますが…「韓ドラらしさ」が出てくるのは

これからだったりするのかな。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com