*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
12/8:最愛 8話 の感想記事をUPしました。

トップナイフ -天才脳外科医の条件- 2話 感想|医療ドラマじゃなくても良くない?

 

f:id:rincoro_ht:20200111230715p:plain

 

前回よりは「脳外科医」らしさはあったかもしれません。

記憶障害ではなく、赤の他人の医者を変装した昔の男性だと思い込んでしまう

症状があるとは…とタメになりましたしね。

こういうのは医者相手じゃないと、共感はされづらいよね…。

 

しかし、物語自体はまだ方向性が定まっていないような。

何というか…牧羽(松本若菜)のエピソード、桑原(濱田マリ)のエピソード、

黒岩(椎名桔平)と女性の関係、西郡(永山絢斗)の手の痛みと、

特に繋がりもなくてチグハグに感じるんです。

例えるなら、ピースのはまらないパズルみたい。

 

それに、リアルドクターストーリーとうたいながら、

病院内ならともかく、1つの科に女難の相だったり、謎めいた過去があったりの

訳ありの医者ばかりで、全然リアルではない件。

患者の話で余韻残して終わりかと思ったら、前回に引き続き

冒頭とラストに伏線を意味ありげにばら撒く展開となると…

ミステリーで引っ張りたいんだったら、

別に医療ドラマじゃなくても良いんじゃない?

なんて思っちゃうんですよねぇ。

(もう1つリアル関連で書くなら、小机(広瀬アリス)の髪の長さも

西郡がシャツの襟を立てているのもツッコみたくなるんですが(笑))

 

まぁでも、今回は、化粧が出来て泣きそうな表情を見せる

濱田マリさんの演技に大分助けられました。

1話完結パートは、演者次第で見応えのある回が出てきそう。

 

小机(広瀬アリス)のポンコツっぷりが浮いちゃってるのは気になりますが、

そのうち成長した姿を見せてくれるでしょう…って事で、長い目で見るつもりです。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com