*2024年 春ドラマ 視聴リスト&期待度*
5/13:春ドラマ雑感集② をUPしました。
↑「イップス」5話の雑感を追加しました。

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 8話 感想|ついに明かされた"空白の1年間"

 

f:id:rincoro_ht:20210704233351p:plain

 

ついに明かされた、喜多見(鈴木亮平)の"空白の1年間"。

まぁ、1話からずっと加害者も助けてきた彼だから、大体予想出来たし、

"らしい"なぁ…とも思っています。

しかし、テロリストの存在を隠した点においては立派な犯罪で。

それが原因でツバキ(城田優)は逃走したのであって、とても褒められた行為とは言えない。

「どんな命でも助ける」これは喜多見にとって強みでもあり、弱みでもあるんですね。

赤塚(石田ゆり子)のサポートによって1年で出所したとの事で…

テロリストの犯罪行為の加担・隠避罪でよくそんな短期間に落ち着いたな…と思う以前に、

医師免許が剥奪されなかったのが不思議なんですけど、もう良いや(笑)

 

そして、音羽賀来賢人)のツンデレによりデング熱って事で解決した件。

誰が見ても嘘なのがバレバレなのは、最終回のメインの話になるであろう

「TOKYO MERを潰す→全員クビ」の伏線のつもりですかね?

あの回答で政府が納得するとは思えず。

途中までどんなに反抗しようが、

やっぱり喜多見の事が(仲間として)好きなんでしょっていうのは

今までの回を見ていれば分かるので…

もしも解雇通告される時が来たら、彼と一緒に辞める覚悟が出来ているんでしょう。

 

赤塚の病気については、最終回に合わせてもう少し引っ張ると予想していた分、

人がいる前で倒れる展開を持ってきたのは意外でした。

まぁ、「死者ゼロ」を貫く作品だから、ここは特に重要視していません。

喜多見も直接手でコードに触れて、長く気絶していた割には、後遺症はなさそうですし。

なんてったって、みんな無事な世界。治癒力の強い人々が集まった世界ですから(笑)

 

でも、本作の中で1つ弊害になりつつあるのは…公安の存在で。

なぜか病院内に医者がまともにおらず、ただでさえ人手の足りない現場なのに、

土砂災害に巻き込まれたらMERの面々に迷惑をかける事を何にも考えてない行為なんですよねぇ。

喜多見の弱みを握るためなら体も張るらしい。

そして、電気が不足している中で盗撮をするという悪趣味具合。

どうせなら、仲良く車掃除している所を撮ってくれ!と思ったのでしたw

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com