テセウスの船 6話 感想|クララ…じゃなくてミキオが立った!!!

 

f:id:rincoro_ht:20200119222756p:plain

 

コメディよりも笑わされるドラマ(笑)

同じ迂闊でも「10の秘密」の主人公と何が違うのか…

なんて事を向こうの感想で書きましたけど、

自分語りを始めたり、自分の無計画な行動に自覚がなかったり…という点では、

誠実キャラだと思い込む人とそんな変わらないのかな?と思いました。

 

小太りでメガネの男は田中(せいや)だった←いやまた一人で家に侵入するんかい!

警察に捕まって感情的になった←冷静になって!自分の行動が読まれてるとは思わんのか!

由紀(上野樹里)に過去の自分の話をし始める←長くなりそうな話を寒い場所でしないで!

「今回は僕が一人で行きます」←今回"は"じゃなくて"も"だから!!

…とまぁこんな感じで、心(竹内涼真)のあまりの学習力のなさが際立つものだから、

今までで一番ツッコミまくった分…

最後で録音していた時にゃあ、成長したのねっていう謎の感動さえ生まれましたよ(笑)

 

由貴が心の奥さんだったとすんなり受け入れられちゃうのはファンタジー過ぎるし、

心が唐突に語り始めて、しまいには主題歌を挿入する事で

「ほら、ここ泣ける所だよ」という作り手の意図も見え透いた気がして、

終盤までは何かがスーッと離れていく心地がしたものの…

とりあえず、真犯人をチラッとだけ見せて次回に持ち越し…

なんて煽りはやらなかったのには安心しました。

 

真犯人はミキオ(安藤政信)。

正直、やっぱりな…と思ってましたw

意外と近くに怪しい人物がいるのはミステリーの鉄則ですし、

心が何もかも情報を彼に話してましたしね。

実は歩けるのも予想通りではあったけど…

「あな番」では不完全燃焼な役割で終わったのか

「ジ・エンド〜〜〜〜〜〜!!!」と叫んで暴れまくる安藤さんが面白かったので

満足ではあります。

 

ミキオだと分かった。つまり、材料は全て揃った。

そして再び過去にタイムスリップする心…。

公式だと「真犯人は違う」と言っていますが、

今の状態ではどう考えてもミキオのルートしかあり得ないんですよねぇ。

まさか、新キャラが犯人!なんて事はやらないでしょうね。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com