ストロベリーナイト・サーガ 4話 感想|え、もう終わり?

 

f:id:rincoro_ht:20190411225859p:plain

 

こっちは簡単感想で。

 

やけに姫川(二階堂ふみ)の過去パートの描写が長いので、

もしかしたら今回の事件も前後編なのか…?真相は次回に持ち越しなのか…?

それとも姫川の過去が犯人・下村美樹にも深く関係するものなのか…?

と思って見ていたら、

…………あれ、もう終わりなのか。

って逆に驚いてしまいました(汗)

途中で眠気が襲ってきたのもあるかもしれませんが、あんまり面白くなかったなぁ。

 

過去パートが終わったらいつの間にか取調相手が変わってて、

かと思ったら唐突に下村を姫川が責めまくる展開になっていて…

って、そんな印象でした。

きっと流していて見えない所で、取調が進んでたんだろうなって思う事にします(笑)

でも、事件自体も特に捻りがある感じでもなかったし。うーむ…

 

今回は大人の事情なのか、ガンテツ(江口洋介)や日下(神保悟志)、井岡(今野浩喜)など

警察署内のメンバーの描写が減った分、

いつもは出番の少ない菊田(亀梨和也)が姫川を支える部下として

若干キャラが立っていたように思いますが…一番の功績はアイスを渡した事くらいかしら。

いつになったら「菊田の存在は歌だけ」と

周りから言われなくなるのだろうか^^;

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

  

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com