*2022年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度*
1/16:逃亡医F 1話 の感想記事をUPしました。

デザイナー 渋井直人の休日 10話 感想|前途多難の中でもめげない渋井さん

 

f:id:rincoro_ht:20190118184813j:plain

 

嫌な予感が当たっちゃいましたねぇ…

サブタイトルが「渋井直人の窮地」なだけに、

仕事も恋も上手く行かない(行きそうにない)事態に陥ってしまいました。

 

渋井(光石研)さんの唯一の癒しであったカモメ(黒木華)には、

二股をかけられていたという新事実も発覚。

旅行の話を聞いてる時に純粋に喜ばないのがおかしいな〜とは思ったんですが、

そうなって来ると、うーん、またフラれる結末になるんでしょうか(泣)

 

仕事方面も、新人2人が原因で、今まで頼まれてきた雑誌の仕事が

なくなりそうな状況にいる渋井さん。

モード内田(ベンガル)は、作業が上手くいかないとすぐに暴れ出す。

もう1人雇ったアレグリ(森川葵)は、自覚症状なしに物を盗んでしまう。

完全に業界では「厄介者」扱いされてるみたいです。

雑誌依頼のために人員募集してせっかく準備してきたのに、

雇った2人が原因で仕事を降ろされてしまうとは、元も子もないですよね…。

 

でも、渋井さんはその話を聞いても、決してクビにしようとはしませんでした。

「良い仕事には自然と良い人が集まってくる」「良い物を作れば勝てる」

これらの信念の元で、仕事を続ける気は満々。

 

そして、渋井さんの新たな格好良さが垣間見えるシーンもありました。

愚痴をこぼす杉浦(岡山天音)と彼女・ヒカル(穂志もえか)との会話です。

渋井さんはダメな人間に甘いんだよね〜と言う杉浦に対して、

ヒカルが返したのはこの言葉。

「自分だってミスとか失礼な事とか言っても、

 今まで散々許してきてもらったんじゃないの?」

確かに、杉浦も入社当時だったら、あの2人と多分同じくらいで、

もっとバカ正直な性格でいたのかもしれません。

でも今になっては、渋井さんと絆を深め合うような関係になるまで成長しています。

どんなに厄介でも直ぐに見限らない。

自分もダメな部分がある事を認めた上で相手とも向き合う。

渋井さんの"人としての優しさ"がさりげない会話を通して感じられる、

良いシーンだったと思います。

 

コンペが出来レースである事、カモメが二股をかけている事をまだ知らない渋井さん。

視聴者側は既にそんな裏事情を知っているからこそ、

次の展開がどうなるのか、どう対処していくのか。目が離せません。

 

とりあえず…直向きに作業に取り組む姿に、文字通りの

「えいえい…おーーー!」というエールを送ってあげたいです。

LINEの会話で渋井さんの心境を表す最後の演出。粋でしたねぇ。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

  

↓前回の感想はこちら(2〜9話は書いてません)↓ 

rincoro-ht.hatenablog.com