*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

だから私は推しました 1話 感想|「おしました」でダブルミーニング?

 

f:id:rincoro_ht:20190728001410p:plain

 

今期の本命、いよいよ始まりました。

 

今期数少ないオリジナル脚本である事。そしてその脚本家が森下佳子さんである事。

「地下アイドル」「推す」がテーマだという企画が斬新で、興味深い事。

今まさに旬な(だと思っている)桜井ユキさんと白石聖をキャスティングしている事。

これらの理由から「2019年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度」では星★5を付けるほど

期待しておりましたが、やはり期待以上に本作を「推せそう」な感じのする初回でした。

 

リア充気取りの日々を過ごしていた主人公・愛(桜井ユキ)がある日恋人にふられ、

しまいには宝物の存在のスマホを落としてしまい、その拾い主の所へ駆けつける際に

初めて出会ったのが地下アイドル。

中でもハナ(白石聖)の姿がまるで自分の姿と重なってしまい、最初は八つ当たりをするも

前向きな彼女を見て応援しようと決心する…までの流れが描かれていたと思いますが。

周りより良いように見られたい気持ち、「いいね」が欲しいという承認欲求、

どん底からわずかの光を見つける「沼に陥る瞬間」など、

まるで視聴者が実際に体験してきたかのように等身大の視点から

主人公の置かれた状況をじっくり描き、

それも説明臭くなく、魅力的に映る仕上がりになっていた事でしょう。

 

「この人はSNSに依存しているんだ」「何かにのめり込んでいるんだな」というのが伝わる、

黒を背景にして、熱中している人にフォーカスを当てた画面の演出も粋。

地下アイドル×深夜ドラマなのもあり、ディープで少し幻想的な映像の魅せ方も美しい。

終盤で愛とハナが握手をする様子をじっくり見せるのには、思わず目頭が熱くなりました…。

 

アイドル役の白石聖さんも、「絶対正義」の頃とは全くの別人で、

髪型が似ていてもこちらの方は、悍ましさと威圧感が皆無なのが本当に凄い。

地下アイドルっぽい表情、仕草、されてます。

 

NHKのドラマは今年になって「特撮」「腐女子」そして今回の「地下アイドル」など、

かなりテーマを攻めていまして、また前2つと同じくマイノリティだからこその

今時の心情を描くのかな?とも思いましたが、どうやらそれだけでもないようで。

希望、優しさの中にほんの毒を入れるのは、さすがの森下脚本という所。

 

なぜ愛が取り調べられているのか?なぜ病院搬送のシーンがあるのか?

タイトルに「推す行為」と「押す(突き落とす)行為」の2つが

かけられているのでは?とも考えられる、中々次回への引きが上手い初回でした。

(タイトルロゴにも手押しで「し」が傾いてる工夫が見て取れますしね〜。)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com