*2022年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度*
1/16:逃亡医F 1話 の感想記事をUPしました。

病室で念仏を唱えないでください 8話 感想|両忘の自由か?命の奴隷か?

 

f:id:rincoro_ht:20200117233842p:plain

 

今回のキーワードは「ペースメーカー」と「パンダ」。

複数の患者を巻き込むという最終章らしい壮大な展開だったので、

3人の患者のエピソードの詰め込み感は強くなり、結末もベタにまとめた印象はありましたが。

その分、松本(伊藤英明)と濱田(ムロツヨシ)の関係性は明確になり、

医者としての考え方の違い、それぞれの見せ場をドラマチックに魅せてくれた

満足感を覚えた回でした。

 

某ドラマを思い出させるシロクロのパンダをメタファーにし、

時に対立し、時に交錯し合う二人の関係。

どちらかが完全に"悪"という描かれ方ではない、境界線の曖昧さが良いですね。

 

濱田の性格もはっきり映し出されました。

「医者は金でも法でも正義でもない、命の奴隷だ」

これは"彼そのもの"を表す言葉なのでしょう。

彼がどんな考えを持って医者をやっているかが分かった所で、

最後の田沼(前田公輝)とのシーンは作品を盛り上げさせてくれるものになりましたし、

今回は「濱田回」と言っても過言ではありません。

 

しかし、一人の登場人物を前面に押し出すと

存在感が薄くなってしまいがちな主人公も、押さえる所はしっかり押さえる。

普通だったら「医者の仕事の範疇を超えてないか!?」とツッコむ

警察の指示を無視して子供のいる家に突撃するくだりも、命を人一倍重んじる僧侶と

兼業している人だから納得出来るのであって、

更に、主人公の魅力である「猪突猛進さ」「青臭さ」が強調された

エピソードになっていたと思います。

 

今回、そんな松本が唱えた言葉は「両忘」。

生と死。善と悪。二者択一の世界から逃れるという意味。

つまり、「自由」とも捉えられる訳で、

濱田の言う「奴隷」と対になっているとも考えられます。

 

何事にも縛られない自分らしい道を進む松本と、

ハートセンターを開設する為なら、目の前の命には絶対服従する濱田。

どちらが医者として相応しい行為なのか。

 

その問いに対する答えを出す上で、

意外にも"憲次(泉谷しげる)"という存在が重要になってくるのかもしれませんね。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com