メゾン・ド・ポリス 7話 感想|盗聴してる犯人の顔が美し過ぎた件

 

f:id:rincoro_ht:20190112213646p:plain

 

簡単感想で。

そうですねー…事件に関しては特筆すべき事はない感じなんですけど、

〇〇かと思ったら今度はそういう手法に出るのか…といった意外性は

多少練られて作られてたのかなと思います。

井上順さんの、お茶目だけど只者ではないような、どこか動きが読めないような

キャラクターが印象的でありました。

 

で、個人的に注目したいのは縦軸の件ですね。

盗聴してた犯人は前回の予想通り!瀬川(竜星涼)である事が判明。

ただの御用聞きではないだろうと考えてたので…うむ、次回から本格的に

物語に深く絡んでくる所でしょうか。

車内で聞いてる顔が美し過ぎて、一瞬誰だか分からなかったのは置いといて…(笑)

 

シリアス要素も徐々に増えてくるでしょうが、

本作の持ち味である(良い意味での)ゆるさとコミカルさが食われない程度に

話を進めて行って欲しいと思います。

作風が変わっちゃうとビックリするのでね…(汗)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com