海月姫 5話 感想

 

f:id:rincoro_ht:20181201132647p:plain

 

※これは当ブログ「りんころのひとりごと。」を立ち上げる前に、

PCのメモソフトで作成していた記事に手を加えた物です。(念のためご報告…←テンプレ

 

「俺を見ろ、月海!」
なんてカッコイイんだーーー!!
以前までは「とってつけた月9感」があったのが段々なくなり、

この回では上手い事急展開に持ってのけた。
ラブとコメディが良い塩梅だと思います。

 

さてさて…
今回は立ち壊し計画阻止に向けて、

天水館でファッションショーをやろうと決意する尼~ずたち。
千絵子が助っ人として呼び出したのは、ノムさん安達祐実)でした。
安達祐実さん…いくつや!!
キャラクターがぴったりとハマっていて、しかもなりきっていて、

完成度が高かったわぁ。

 

ノムさんを呼び、いよいよ本格的にドレス作りへ。
モデルどうする?ってなった時に、まややが担当する事に。
中の人がモデルだから、綺麗に映えてましたね。
いつも超変わり者なまややが大チェンジ…っていうのが、しっかり表現されてたな~。

 

さすがに一人だけでの出演だったため、途中で体調を悪くしてしまったけども、

鯉淵達による集会にいた蔵之介へのSOSによって、何とかショーは成功しました。
蔵子、回を重ねるごとに女性になってきてるよね。
それだけでなく、男ならではの格好良さを見せつつ…
このギャップが堪らない、魅力的なキャラになってる!

 

ドレス作りに励み、一生懸命お客を呼び、

苦労し、成功し…っていう過程がちゃんと描かれてたと思います。
これを5話で描くのがびっくりね。
次からどんな展開に持ってくるんだろうか。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com