コウノドリ(2015) 9話 感想

f:id:rincoro_ht:20200410203344j:plain

 

※これは当ブログ「りんころのひとりごと。」を立ち上げる前に、

PCのメモソフトで作成していた記事に手を加えた物です。(念のためご報告…←テンプレ

 

※視聴日:2017/10/11

 

つぼみちゃんが亡くなってしまって、ショックで辞めちゃうんじゃなかろうか…と

四宮先生を心配してたんだけど、無事に残ってくれて良かった。

そう、それも、一人で抱え込まずに本音で話せる相手がいるから、、サクラがいてくれたからね。

つぼみちゃんの死を、父は何も言わずに見とって出て行った悲しさと悔しさ…

せめて名前を呼んで欲しかった、「つぼみ、よく頑張った」って褒めて欲しかった、

つぼみちゃんを治してあげたかった、、正直に話してくれました。

この先も何とか乗り越えていって欲しいね…!

 

一方で、本当に辛くて燃え尽きてしまった人は、新井先生(山口紗弥加)でした。

彼女はとにかく熱心で、赤ちゃんを救おうというためなら、

何度も「頑張れ、頑張れ」と応援するくらいには尽くしてくれる先生です。

でも、そのひたむきな熱心さが、必ず幸せに繋がるとは限らない。

私生活を犠牲にしてまで赤ちゃんに張り付いて看病してても、亡くしてしまう命だってある…。

助けられなかったのが本当に悔しくて、なかなか死を受け入れらなかったんだよね。

それに加えて、このタイミングで彼氏からプロポーズされたもんだから、

逃げたいという気持ちが大きくて、、医療センターからいなくなってしまった…。

 

「ごめんなさい、ごめんなさい…」と何度も謝る新井先生を見て、とにかく切なくなった。

そんなに自分を責めないで、、新井先生のやってきたことは素敵なことだし、

あんなにひたむきなのは他の人じゃ早々出来ないよ。

悲しい話だったけども、これも現実…綺麗事じゃなくこういう

「頑張っても救えない命もある」というリアルな話もしっかり表現されてると改めて感じられたわ。

 

新井先生や四宮先生、赤ちゃんを亡くした夫婦のように、

背負わなければならない人や覚悟を決めた人がいる。

そして、辛い事や乗り越えなきゃならない事はこれからもたくさんある。

幾つもの試練はあろうとも、精一杯生きて欲しいと思えた回でした。

新井先生、もう戻ってこないのかな…(泣)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com