*2021年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度*
10/28:恋です!4話 の感想記事をUPしました。

結婚相手は抽選で 6話 感想

 

f:id:rincoro_ht:20181007202442p:plain

 

放送日から一週間経ってしまった〜〜^^; ので、簡単感想で行きます。

 

ますます面白くなって来ましたね。ついに龍彦(野村周平)が動き出す展開に。

元々真面目な性格で、SE職なのもあって、対策の準備はしっかり整ってます。

今まで「法律の被害者」である女性や友達と会って、

本音を受け止め続けてきた龍彦だからこそ、

一生懸命LGBTについて調べ上げる姿には信頼感が大きくなるばかりですね。

 

そして、今回は新たに、法律の被害者となる女性に出会ってしまう事に。

奈々(高梨臨)です。人物紹介で「自分がどこにもいない」と表されていましたが、

その理由が明らかになりました。

おばあさんの思い通りに育てられてきた事…

バイオリンも本当は続けたかったけど辞めさせられ、会社は父のコネで入社させられ、

レベルの高い男性とお付き合いするように厳しく言われていたんだそう。

 

こんなんじゃ結婚出来る気がしない…幸せになんかなれっこない…と、

自信をなくしてしまった彼女の気持ちにはとても共感してしまいます。

結婚は「ルール」じゃなくて、あくまでも「自由」に出来るものなのに。

でも、恐らく嵐望(大谷亮平)にも言えなかったであろう本音を

龍彦には言えてるという事は、

それだけ気の許せる相手だと自然と思っているんじゃないかなぁ。

初めて自分と向き合ってくれた者同士、ここの二人には幸せになって欲しい。

龍彦さん、ファイトです!

 

次に気になるのは、嵐望の秘密です。

個人的にこの人は、好美(佐津川愛美)のお母さんの言う通り、

何だか怪しく思ってしまいましてねぇ。

好美は彼にゾッコンだけど、「強烈な母性を感じた」という口説きをする辺り

ちょっと怖〜いのです(笑)

 

次回予告では、そんな好美が怒りをぶつけるほどの

嵐望の秘密が明らかになるそうなので…

いやぁ、こっちの関係もどうなってしまうんでしょう。

子持ちなのか、二股なのか、それとも、束縛しい性格なのか。

今考えられるのはこんな所かと。

 

冒頭の大臣(若村麻由美)の発言に唖然とし、法律を作った動機が何となく分かりつつ、

ひかり(大西礼芳) との親子関係という新たな事実も加わって

あっという間の1時間でした。

少しだけ強くなれた龍彦が、大臣の所へ突撃する次回が楽しみです。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com