*2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度*
9/17:緊急取調室 9話(終) & 推しの王子様 10話 の感想記事をUPしました。
頂いたコメントは昼に返します!(謝)

おカネの切れ目が恋のはじまり 2話 感想|"じれキュン"っぽくなってきたぞ〜

 

f:id:rincoro_ht:20200917003812p:plain

 

う、うわ〜〜〜〜〜…これが"じれキュン"ってやつですかぁ…。

前回は「え?主題歌はミスチル?」と思っていたのに、今回のラストに凄くハマってる。

玲子(松岡茉優)を喜ばせるために自分で猿の絵を描いた小皿を

プレゼントしようとしている慶太(三浦春馬)の純粋さと合致し過ぎていて怖い。

レモンみたいに甘酸っぱくて可愛らしいメロディなのに、しんみり切なくさせるんですよ…

今まで玲子の事を異性として見ていなかった早乙女(三浦翔平)が

いきなり近づこうとする展開は「ザ・ラブコメ!」感満載なんですけど、

そんな漫画っぽい設定が来てもワクワクしてしまいます。

 

慶太には"まだ"玲子への恋愛感情はないんですよね。おカネの師匠と弟子みたいな感覚。

でも、前半では慶太が早乙女に対して「玲子の事どう思ってるんですか?」と

直球な言葉を投げかけるくだりが、

後半では玲子が元カノのまりあ(星蘭ひとみ)に、

今彼と付き合ってみての本音を出させようとする。

この2点を踏まえると、2人は相性悪いように見えて

実は「困っている人を放っておけない、助けてあげたい」という意味では

案外価値観が合うのかもしれない?と視聴者に少し期待させる

話運びが上手いなぁと思います。

"共通点"をしれっと描いているから、

結局渡す事の出来なかった=想いを届けられなかった時の慶太の心境を思うと

焦ったくなっちゃうんですよねぇ。

 

お金は「消費」「浪費」「投資」の3種類に分けると、

自分が今使おうとしているお金がどれに当てはまるのかが分かり、

偏っているものを減らす事で節約にも繋がる…といった

タメになる台詞が織り込まれているのも良いですね。

しかし、決して「お金」と「恋愛」が分断されているっていう訳でもなく、

無駄だと分かっていてもこれまで"相手のために"やってきた行為が

ゼロになってしまうのは認めたくない…というわがままな感情を

「浪費」と結びつけて、ラブコメとして消化出来ている所も魅力的だと思います。

 

前回は話自体にどうしても既視感ばかりが先行しまいましたが、

今回は"じれキュン"とうたうに相応しい内容になっていた印象がありました。

で、もう残り2話なんですね…どこらへんから改変しているのかなぁ。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com