ハラスメントゲーム 秋津vsカトクの女 感想|腕前が伝わるドラマは、やっぱり良い。

 

f:id:rincoro_ht:20181016001930j:plain

 

面白かったな〜!

"仕事をしている姿""腕前"が秋津(唐沢寿明)だけでなく、

高村(広瀬アリス)や鮫島(仲間由紀恵)などどの人物でもしっかり描かれていると、

問題解決に向かうまでの流れも見ていて清々しいものがあります。

と同時に、ここ最近のドラマBizの作品が如何に人情ゴリ推しなのかを改めて実感…

その枠で見たいのは、旦那との離婚や子育てがどうのこうのじゃないんですよね。

 

内容自体は、冒頭で誰かが押しているシーンがあったので

自殺が誰かによる作り話なのも察しましたし、その犯人が店長なのも予想通りだったものの、

まさかうどんがキーアイテムになっているとは視野に入れておらず、

そうきたか!と驚かされました。

 

パワハラしているからお仕置きだ!という単なるスカッと話じゃないのが本作の良さで、

上司や管理職も一人の労働者だと考えて動く秋津も、

良いように捉えられている「働き方改革」にあえて異論を唱えるマイノリティ派の心情も、

人間の弱さも、"働く人々"を現代社会を絡めて多方面から描いていく作りは今回も健在。

連ドラ時の見所が2時間でギュッと凝縮されたSPでした。

 

3人の人柄もやり取りも、やっぱり好きだし、かっこいいなぁと思える作品。

SPも良いですが、シーズン2の形で、息がぴったりな同じキャストでまたお会いしたいです。

…本音を言えば、ドラマBizでずっと放送し続けて欲しいんですけどね(笑)

 

 

↓連続ドラマの感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com