病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜 5話 感想|信頼関係が保てるかどうかは医者次第…

 

f:id:rincoro_ht:20200120230237p:plain

 

難題を押し付けられた江口(稲葉友)が

第二の野林先生のようになってしまうのではないか…とハラハラしながら見続けた前半。

でも、こんな仕事向いてないと言っていた彼でも、最後までめげずに辞めなかったのは

倉嶋(高嶋政伸)の説得のお陰。

今回の内容は人情寄りに傾いている感じはしますが、「人情で片付けちゃったよ…」とは

全然思わないのは、励ます相手が主人公ではなく

あえて門外漢同士の倉嶋にした…という所が良かったからかもしれませんね。

 

長年経験を積んできた者から発せられる「富山の薬売り」作戦も興味深く聞けました。

以前にあった「5本の指の向き」論もそうでしたが、

ビジネスモノらしいゴリゴリの専門用語を全く使わずに、

視聴者にも身近に感じてもらえるようなテーマや出来事を取り入れて説明させる

台詞運びが、本当によく出来ているなぁとも思わされます。

 

江口くんのお仕事描写は、従来の「お仕事ドラマ」のベタさはあるものの、

誰かのために頑張り、やがてその努力が報われる…というエピソードにはやはり弱く、

突っぱねられる姿を散々見てきた分泣けてしまいました。

倉嶋さんがいてくれて助かった。田端さん(角野卓造)がツンデレで良かった。

有原先生(小泉孝太郎)には、どうか、時間外労働手当と特別業務手当を

しっかり出してあげて欲しい限りです(笑)

 

3ヶ月が過ぎて、地域医療ネットワークの登録者は70人を突破。

…ですが、開業医をバカにするような、相変わらずプライドがガチガチの医者達が

果たして信頼関係を保てるかどうか?は甚だ疑問です。

いくら江口くんが1人ずつ丁寧に接し続けて良い印象を持たせた所で、

紹介元の医者が有原病院の医者達の対応を見て「こんな病院、任せるんじゃなかった!」と

関係を切ってしまっては、元も子もないですからね。

 

有原や倉嶋には優秀さや仕事の腕前は確かに感じられますが、

一方で他の医者達はただ文句を言っているだけ…というイメージしかなく、

仕事はちゃんと出来る人なのか、その描写が不足しているんじゃないかとは

最近思っております。

そこが唯一惜しいポイントかなぁ。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com

 

↓前回の感想はこちら↓

rincoro-ht.hatenablog.com